簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
最後まで大切に!あなたのジュエリー買取パソコンパーツ用品着物買取着物買取着物買取おっきくなぁれ。かしこい着物リサイクル術犬用小物買取

英彦山登山・英彦山神宮② -- 福岡県添田町2016-11-07

英彦山は北岳・中岳・南岳の三つの山頂を持ち、北岳の標高は1199.6Mです。中岳、1,188m。南岳、1,199m。
福岡県では釈迦岳、御前岳に次ぐ標高を誇る山です。

中岳から南岳コース
別所駐車場→奉幣殿→中岳→南岳→鬼杉→玉屋神社→奉幣殿→別所駐車場

前回の続きで、英彦山神宮上宮から南岳→鬼杉→玉屋神社を目指します。



                           英彦山神宮上宮から南岳へ

                           英彦山の南側や西側の眺望が開けるようになります
                           南岳に向かう途中で、英彦山神宮上宮を望む

南岳、1,199m。

避難所兼展望所がありましたが、老朽化の為立ち入り禁止です。

                            かなりのアップダウン、鎖場があったり、断崖絶壁


英彦山は修験の山と言われるだけあって、その道のりは険しいです。
登山というよりは修行と言うのがふさわしいと言えます。

                           休憩、、癒されます。

                                                       材木石は柱状節理のことで、
                                                       火山爆発で溶出したマグマが冷えてできたものです。

                           分岐

【鬼杉】


鬼杉は福岡県では最大の杉の木で、木の周囲は12.4m、
高さは上半分が倒れた現在の状態で38m。
樹齢はおよそ1,200年と推定され、国の天然記念物に指定されています。




岩がゴロゴロと転がっていて、道なき道を登ったり下ったり、ぐったり来て写真もありません。

                                                      般若窟



                                                      右に鬼神社、さらに右に窟がありました。
                                                      全体をまとめて玉屋神社というのでしょうか?

                           虚空蔵、入り口です

やっと奉幣殿へ帰ってきました


                           駐車場から帰る前に、銅の鳥居を見に行きました。



登山者が最も多い表参道コースの往復は、整備された階段で宝満山みたいです。

参道を外れた、南岳→鬼杉→玉屋神社のコースは厳しいです
登るのに鎖場があったり、断崖絶壁

英彦山は修験の山と言われるだけあって、その道のりは険しいです。
登山というよりは修行と言うのがふさわしいと言えます。

コース図に、4時間-4時間30分とありましたが、休憩写真で6時間かかりました。
でも、鬼杉・玉屋神社に行って良かったです。

英彦山登山・英彦山神宮 ① -- 福岡県添田町2016-11-07

英彦山は北岳・中岳・南岳の三つの山頂を持ち、北岳の標高は1199.6Mです。中岳、1,188m。南岳、1,199m。
福岡県では釈迦岳、御前岳に次ぐ標高を誇る山です。
明治の神仏分離により修験道が廃止、九州彦山山伏の本山であった霊仙寺を廃し
神社となって「英彦山神社」に改称されたそうです。

中岳から南岳コース
別所駐車場→奉幣殿→中岳→南岳→鬼杉→玉屋神社→奉幣殿→別所駐車場

別所駐車場

別所駐車場から奉幣殿の表参道まで、5分ほど舗装された林道を歩きます。

お土産店を過ぎると、英彦山神宮奉幣殿への参道に出ます。

参道入口
ここから英彦山神宮奉幣殿への参道は長い長い急な階段です


                           歴史ある建物が続きます。
                           坊跡など修験の山の歴史を見ることが出来ます。






                           招魂社


                                                       英彦山神宮奉幣殿
 
                                                      これから登る道は険しいのです。
                                                      これから進む、英彦山登山の安全祈願。


                                                      上宮遥拝所が設けられています。

奉幣殿からわずか5分足らずで、英彦山神宮下津宮(下宮)。


                           右が鎖場。 左は足場もあり登れます。

                           また、鎖場。
参道は整備された石段であったり、土の参道であったり、クサリ場であったりいろいろです。

英彦山神宮 中津宮(中宮) 





                           登るのに鎖場があったり、断崖絶壁もあります。

                       鎖場を登り切ったところにあった石碑。奉寄進と書かれてます




「豊臣秀吉が神領を没収したため英彦山が財政が苦しくなり、関銭所を設けて参拝者より金をとっていた。現在の入山料か。」

                                                      産霊神社(行者堂)に到着

                                                      産霊神社(行者堂)から上宮をめざす。


                            あと、200mです。


英彦山神宮上宮  中岳頂上、1,188m。
英彦山神宮上宮に着きました。
お参りするには、引き戸を開けて中に入る必要があります。
引き戸がついているのは、山頂で風雨の被害から守るためなのでしょう。
境内の中では飲食禁止です。
飲食は、北岳方面に階段を少し下りたところに広場があるので、そちらで。


                                                      中岳休憩所もある広場。

登山者が最も多い表参道コースは、ここから英彦山神宮奉幣殿へ下ります。
宝満山みたいな感じですかね。

私たちは、これから、南岳→鬼杉→玉屋神社→英彦山神宮奉幣殿と向かいます。
次回、英彦山登山・英彦山神宮 ②で報告します。
これからがアップダウンの激しい、険しい道になります。









                          




くじゅう連山 大船山の紅葉2015-10-18

                                                                                  ※写真は click! で拡大されます。
春は天候のかげんで、ミヤマキリシマを見逃しました。
大船山・御池の紅葉を目指して登りました。

男池 - ソババッケ - 大戸越 - 北大船山 - 段原 - 大船山
                                 大船山・御池  - 段原  - 風穴 - ソババッケ - 男池
4時間の登りの後に、すばらしいご褒美が待っていました。

7:30、朝日にかがやく黒岳




各方向から登ってきた方々がたくさん。

大船山・御池 今年の紅葉一番乗りです。
すばらしいご褒美が待っていました。








段原  - 風穴 の途中、急な下りでズルズルの連続で疲れました。
風穴からソババッキまでは趣のある岩場でした。

脊振山登山 椎原登山口-椎原峠-脊振山2015-05-06

昨年は、5月4日に登りました。ミヤマツツジがきれいでしたので再び訪れました。

船越橋近くの駐車スペースは一杯でしたがなんとか一台分のスペースを探して、登山口へ。
 9:28


沢沿いの登山道を登ります。


メタセコイアの林を抜けます。9:41

車道を横切り、伐採されて広い山肌を登っていきます。9:45


                                              椎原峠到着。10:30

椎葉峠より稜線を歩く。昨年は、ここいら辺りからミツバツツジが見れたのですが??
ミツバツツジは終わっていました。 下に花びらがいっぱい。

唐人の舞 11:08  少年グループがいっぱいでしたのでスルー。

やっと、きれいなミツバツツジに・・・

花がいっぱい落ちています。3日の雨のせいですかな!


太鼓岩入り口  11:26  20分ということは、往復で40分。 いってみよう!

熊笹をかき分け歩きます。

太鼓岩 11:36
上の石に登ると、「ドン」とかすかに音がします。
20分とありましたが、10分ほどで着きましたが、帰りの登りはちょっときつかった。


気象台レーダー基地専用道路 出会い 12:03
しばらく気象台レーダー基地専用道路を歩きます。
                                   矢筈峠 12:09

気象台レーダー基地

車道出会い 12:22  基地専用道路を終り、車道出会いを渡り、自然歩道へ。

木製の整備された道。柵がロープに変わっていました。12:24

キャンプ場に到着。12:27

背振神社上宮。 12:40

背振山山頂、三角点です。

ちょっと曇り気味です。 脊振ダムと、右が工事中の五箇山ダム。


石段の途中、右手フェンスに「役の行者」の案内板。
フェンスの中に「役の行者」が祀られています。

ナイキ-J 地対空ミサイル

キャンプ場で昼食をとり下山しました。
楽しみにしてたミツバツツジのトンネルはありませんでしたがさわやかでした。
来年はゴールデンウィーク前半に訪れたいと思います。

九重連山-登山 男池から 大船山をめざしました2015-04-26

                                                                                 ※写真は click! で拡大されます。

大船山といえば、6月のミヤマキリシマですが、その時期は駐車場がいっぱいなので・・・
男池駐車場からのコースを試みました。

男池 → かくし水 → ソババッケ → 大戸越 → 北大船山 → 段原 → 大船山
休憩込の往復8時間、久々の登山にはちょっとハードでした。

早朝5:00出発、男池P 7:00着。

男池駐車場横の案内板。

朝 7:00の男池駐車場。

美化清掃協力金を箱の中へ。

登山口付近は緑化自然公園です。

大船山(たいせんさん)をめざします。

朝日が射す新緑がきれいです。


かくし水・登山道へ。

牛がほんとにいるのですかね? 鉄条網がはってあります。

かくし水です。 帰りに水を頂きました。


ソババッキです。窪みなのでぬかるんでいたら、木株の上を歩きます。

新緑が楽しめるのもここまでです。

ガレ場の急坂、きついです。

大戸越(うとんごし)に着きました。
ここまでは快調に来ましたが・・・・・

 大戸越(うとんごし)からの、平治岳の登り口。

三俣山、硫黄山が一望できます。

大戸越 → 北大船山、一番きついところでした。
九重特有の黒土がぬかるみ、ガレ岩で体力消耗が激しい。

                三俣山、硫黄山。

              遠くに由布岳が見えます。

ミヤマキリシマの間を登ります。 左のポッコリがめざす大船山です。         

北大船山(1706m)。

            坊ガツル、北千里、硫黄山が一望できます。

北大船山から見た大船山。急な岩場が見てとれます。

                        段原 。

距離的にはたいしたことはありませんが、疲れもあって太ももが痛くなり、
休憩をしながら頂上へ向かいました。日頃の鍛錬が足りないことに反省。

大船山頂上(1786.2m)。
この広大な景色と山頂の心地よい風が今までのキツさを吹き飛ばしてくれます。
iPhoneでパノラマ撮影。

風穴経由も考えましたが、体力と相談して同じ道を下山しました。
下りもガレ場とぬかるむ黒土の歩きがしんどかったです。


男池、「豊の国名水」とあります。
たくさんの方がペットボトルに水を汲んでありました。