簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
最後まで大切に!あなたのジュエリー買取パソコンパーツ用品着物買取着物買取着物買取おっきくなぁれ。かしこい着物リサイクル術犬用小物買取

筑後川 山田堰 -- 福岡県朝倉市山田161(水神社)2018-06-16

三連水車が明日から稼動ということで、動いてない稼動前の水車を撮りに行きました。
で、筑後川 山田堰をじっくり観てきました。




まずは、筑後川の概要から  (水土里ネット山田堰 より)
                                   
・流路延長                                               
143km(九州最大の河川)                                                       
・ 日本三大暴れ川の一つ                                       
坂東太郎・・・利根川324㎞                   
筑紫次郎・・・筑後川143㎞                                   
吉野三郎・・・吉野川194㎞                                                       
筑後川は熊本・大分・福岡・佐賀の四県にまたがる九州第一の河川で、東の板東太郎(利根川)、四国の四国三郎(吉野川)と並び、西の筑紫次郎の愛称で親しまれています。
筑後川は古くから、かんがい、舟運、発電などにより地域経済に寄与してきましたが、豪雨に見舞われると川はその様相を一変して暴れ狂い数々の災害をもたらしてきました。                                                                                       
・ 水源地                                               
熊本県阿蘇郡南小国町阿蘇山外輪山、瀬の本高原に源を発する。   
           
                          長者原ビジターセンター駐車場うらの「筑後川源流碑」

・ 筑後川の名称                                           
筑後川は時代によっては、千歳川・一夜川・筑間川(筑前の国と筑後の国の中間を流れていたことの由来)と呼ばれていましたが、1636年江戸幕府のとき筑後川に統一されました。                                                   
   
・筑後川四大井堰                                           
山田堰(1663年)有明海河口から約56km                           
袋野堰(1673年・1954年夜明けダムにより水没)                       
大石堰(1664年)                                           
恵利堰(床島堰)(1712年)       







































江戸の知恵 福岡・山田堰

山田堰は大小の石を水流に対して斜めに敷き詰めることで、筑後川の勢いを抑えつつ用水路に水を導く。日本で唯一の構造です。
1790年に完成、その後何度も補強工事が行われたが、全体の形や石はほぼ当時のままといわれています。
この山田堰の工法はペシャワール会によってアフガニスタン復興支援の灌漑用水モデルとして活用されています。
世界に誇る日本の技術は江戸時代からあったのです。

水土里ネット山田堰
http://yamadazeki.net/template_a-18-26







加藤清正公の治水も有名です。(天正17(1589)年には干拓に着手)
国内統治の要として白川の下井手堰、馬場楠井手、渡鹿堰(とろくぜき)をはじめ、菊池川の石塘による付け替え、緑川の鵜の瀬堰、球磨川の遙拝堰の四大河川の治水とかんがいを整備するとともに、有明海、不知火海の新地干拓を進めました。

馬場楠井手の鼻ぐり - 菊陽町:馬場楠井出の鼻ぐり公園     2014-10-28
    http://kaz1001.asablo.jp/blog/2014/10/28/7476166       
川尻の御蔵前船着場跡、御船手渡し跡 - 熊本市南区     2014-10-27
      http://kaz1001.asablo.jp/blog/2014/10/27/7474977       
熊本県玉名市横島町 - 旧玉名干拓施設、潮受堤防と末広開(旧)樋門群     2015-04-01
    http://kaz1001.asablo.jp/blog/2015/04/01/7602005
熊本県玉名市 - 高瀬船着場跡・俵ころがし - 菊池川の清正刎・石塘     2015-04-01
    http://kaz1001.asablo.jp/blog/2015/04/01/7601937


福岡県筑紫郡那珂川町山田 - 裂田の溝(さくたのうなで)- 古代の人口水路     2015-01-27
    http://kaz1001.asablo.jp/blog/2015/01/27/7556362


朝倉の三連水車は、次回。稼動した水車の画が撮れてから報告します。

姫井橋(ひめいばし)-- 熊本県菊池市旭志2018-04-15


姫井橋(ひめいばし)は菊池市旭志弁利(姫井地区)の県道329号にある
古いコンクリート製のアーチ橋です。

「わが国初のRC下路アーチ(メラン式)、本形式の橋梁としては国内で唯一大正期に完成」という事で、「平成18年度 土木学会選奨土木遺産」に 選定され、平成22年に国の登録有形文化財に登録されました。




架橋当時、馬車が渡ることができる橋が初めてできた、ということで「馬橋」の愛称で親しまれています。山から切り出された材木を長い状態のまま運搬することができるように、川に対して斜めに架けられています。


世界遺産 国宝姫路城! - いろいろな角度から2017-11-07

いろいろな角度から撮られる姫路城! お好みのスポットは!

姫路駅より望む。

イーグレひめじ屋上より

イーグレひめじ屋上より 全景

三の丸より

松越の姫路城
(菊花展開催のテントがあり、かなり近くからしか撮れませんでした)

入城口付近より     
左より、 乾小天守、西小天守、大天守、折廻(おれまわり)渡櫓・ちの櫓(隅櫓)

三国堀越に見る姫路城
三国堀越に見る姫路城

いの門付近より

備前丸からの大天守
備前丸からの大天守

入城口付近より

景福寺公園より望む

男山配水池公園より望む
三つの小天守がきれいに見れます。
男山配水池公園より望む






世界遺産「姫路城」 中濠沿いの城門跡、景福寺公園、男山排水池公園2017-10-31

世界遺産!国宝姫路城!

別名白鷺城とも呼ばれる、優雅で美しいお城。
国宝姫路城大天守保存修理工事(平成の修理)を終え、
平成27年3月から、天守群と備前丸などのエリアが一般公開。
江戸時代以前に建設された天守が残る現存12天守の一つ
城域全体が世界文化遺産であり、国宝、重要文化財の宝庫です

      世界遺産「姫路城」 、じっくり観てきました。備前丸 -- 入城口
       に続き、中濠沿いの城門跡、景福寺公園、男山排水池公園を散策します。

たっぷり姫路城を散策しました。
修学旅行や観光客が多く写真を撮るのに苦労しました。
美しさ広大さ匠の技術とたくさんの感動をいただきました。

9時からたっぷり散策、ちょっと食事をとります。


市ノ橋門跡
最も外濠(船場川)が近く、門から伸びる橋は川を越えて直接曲輪の外に通じていたようです。
すぐ西方にある市之橋にちなんでこの名がついたそうです。

千姫の小径
姫路城の西を流れる船場川と中堀との間に造られた遊歩道です。
船場川にかかる市之橋から川沿いを南にむかう千姫の小径です。(市の橋手前)





                                                      景福寺公園より望む
                                   景福寺公園  --  姫路城を西側から捉えることができるポイントです。




景福寺公園から国道2号線を渡り北へ進みます。
姫路文学館をすぎると参道の階段があり、千姫天満宮、男山八幡宮、男山配水池公園があります。

千姫天満宮



男山八幡宮


男山配水池公園より望む


男山配水池公園より望む
下のほうに、清水門跡が見えます。




                                  清水門跡
                                  清水門は船場川に沿って中曲輪に設けられた城門です。

                 「鷺の清水」と呼ばれた井戸が復元されています。設置されている案内板によると、
                  この水は播磨十水のひとつに数えられた名水だったようです。




北勢隠門跡
城の北、今は姫山公園となっている濠に挟まれた地域を勢隠と呼ぶようです。
北勢隠門はその出入り口です。

人や自転車の通行が結構あります。


北勢隠門跡より、西の丸のワの櫓を望む
西の丸  ワの櫓・レの渡櫓


                         好古園方面より、桜門橋を望む


                                               中堀跡
                                                 姫路城の南側を走る国道2号線沿い、
                                                 西に行くと鵰門跡(上)、 東に行くと中ノ門跡(下)




姫路の立町にある小さなお社の長壁神社




世界遺産「姫路城」 、じっくり観てきました。 備前丸 -- 入城口2017-10-31

世界遺産!国宝姫路城!

別名白鷺城とも呼ばれる、優雅で美しいお城。
国宝姫路城大天守保存修理工事(平成の修理)を終え、
平成27年3月から、天守群と備前丸などのエリアが一般公開。
江戸時代以前に建設された天守が残る現存12天守の一つ
城域全体が世界文化遺産であり、国宝、重要文化財の宝庫です

      世界遺産「姫路城」 、じっくり観てきました。天守入り口 -- 天守最上階 -- 小天守
       に続き、備前丸から入城口までを散策します。






備前丸からの大天守を堪能して、備前門にむかう。


                     備前門

                                                   

                                            ちの門、 旧番所
                                                   備前門に通ずる天守の東側
                                                   御殿に通ずる重要な箇所なので、警備が詰めていた番所


                                                    井郭櫓     -     旧番所の右側

備前門
帯の櫓、腹切丸は工事中です。

太鼓櫓


                                                      りの門



                                                  ちの櫓(隅櫓)

                                                  折廻(おれまわり)渡櫓 ( リの一渡櫓)

                                                   折廻(おれまわり)渡櫓 (リの二渡櫓)

                                                   ぬの門、(内側)



屋根のすぐ下の部分、上端がかまぼこ型に仕上げられている。
はの門に向かう「将軍坂」?にもありましたが、遊び心を加えているところが姫路城の美しさの秘密かも!

                                                   るの門(埋門)                                                  
                                                    三国堀の奥に見えた、るの門です。

をの門跡

                                               いの門、すぐ右手の井戸
姫路城には往時、内曲輪内に33か所の井戸が掘られており、現在はうち13か所が残っています。ほとんどの井戸は現在すでに水が枯れているのに、この井戸は今でも水をたたえ、水深が2mもあるそうです。


四角く飛び出した石垣があります。 江戸時代に石垣が前方に膨らんできたので、
崩壊を避けるために抑えとしてあとで積んだ石垣だそうです。



菱の門に帰ってきました。
西の丸は前回訪れましたので今回はスルーしました。

何処から見ても華麗な姫路城です。





このあと、中濠沿いの城門跡、景福寺公園、男山排水池公園など巡ります。