簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
最後まで大切に!あなたのジュエリー買取パソコンパーツ用品着物買取着物買取着物買取おっきくなぁれ。かしこい着物リサイクル術犬用小物買取

中津城 (日本三大水城) - 大分県中津市二ノ丁2017-03-11

大分県中津の城下町を散策しました。




中津城の歴史を簡単に
1587年(天正15年) - 黒田孝高(如水)、秀吉より豊前国6郡12万3000石を与えられる。馬ヶ岳城に入城。
1588年(天正16年) - 黒田孝高(如水)は、領地の中心である山国川河口に中津城の築城を始めた。
1600年(慶長5年)  - 黒田家は関ヶ原の長政の戦功により筑前52万石名島城に転封となり築城が中断される。
1600年(慶長5年)  - 細川忠興が豊前国と豊後国2郡39万石で入封。大修築を開始する。
1621年(元和7年)  - 扇形の縄張りに拡張され、中津城が完成。
1632年(寛永9年)   - 細川家の熊本藩転、小笠原長次が8万石で入封し事実上中津藩が成立。
1717年(享保2年)    奥平家第七代昌成公が中津十万石の領主として入城。
1871年(明治4年)    廃藩置県により中津城は廃城。小倉県中津支庁舎となる。
1964年(昭和39年)   旧藩主奥平家が中心となり、中津市民からの寄付も合わせて天守閣が建造された。

模擬天守です。
天守の存在については不明である。
中津城の天守等の絵図が残されてなく、山口の萩城の図を参考に作られたらしい。

内堀は当時のままらしく、水門より海水が入って潮の干満で水が増減する水城だそうです。
高松城、今治城とともに日本三大水城に数えられています。
石垣と、海近く河口に立つ姿は興味をそそります。



















                                                      下半分が、黒田の石垣




                                                     中津神社

西南役中津隊の碑

                                                      中津大神宮




        金比羅宮、鉄御門跡、城井神社
城井神社

                                                      奥平神社




天守内は、奥平家歴史資料館として公開されています。


                          天守最上階です

                          天守より、中津市街を望む

                          中津川、周防灘方面を望む














肥前名護屋城 -- 佐賀県唐津市鎮西町名護屋2016-10-11



名護屋城は豊臣秀吉の朝鮮出兵(文禄・慶長の役)に際して出兵拠点として築かれた城です。
1592(文禄元)年の開戦から秀吉の死で諸大名が 撤退するまで、7年の間大陸侵攻の拠点となりました。
城の面積は約17ヘクタールにおよび、当時では大坂城に次ぐ規模を誇りました。
周囲には130以上に上る諸大名の陣屋が構築され、全国から20万人を超える人々が集ったとされています。
築城は1591(天正19)年に始まり、諸大名による割普請(わりぶしん)によってわずか数ヶ月で完成したといわれています。
江戸時代の初期に破却(はきゃく)されたと考えられ、石垣が広範囲にわたって崩されています。
名護屋城博物館HPより


大手口



左の櫓台

                                                       右の櫓台

登城坂


                                                      東出丸の櫓台

                           東出丸から三ノ丸へ











本丸・本丸御殿跡


本丸御殿跡

青木月斗句碑




                           遊撃丸   天守台より望む

                           二ノ丸   天守台より望む





















                           三ノ丸から、二ノ丸へ向かう馬場




                           名護屋城博物館

熊本地震のあと--熊本城2016-08-28


地震発生の2週間前、孫の一口城主の名前を確認に訪れていました。
桜のなか、雄姿を現していました。

今回、八代の同窓会の帰りに是非自分の目で見ようと訪れました。
雨が降り出したので、坪井川沿いだけ見て、市役所14階から撮影しました。


城内は立ち入り禁止ですが、係員の方が写真などをもって被害状況を説明してくれます。
係員の方が、「市役所の14階から見れますよ。」と教えてくれました。
日曜日ですが、被害申請などで受け付けがあっているそうです。

                           櫨方門よこの馬具櫓。   熊本城の石碑もずれています。

                           坪井川より見た、飯田丸五階櫓。

                           長塀

                           倒壊した東十八間櫓と北十八間櫓。 熊本大神宮も大破。

市役所14階展望フロアより撮影。
                                                      飯田丸五階櫓  補強用の鉄骨を配置する工事



櫨方門よこに、石垣が並べてあった。

坪井川南側のビルの一角。改修予定かな?

再建の為、石に番号がふってあります。



キロクマ!さんの”著作権フリー画像 / 平成28年 熊本地震”より






地震の2週間前、桜のなか、雄姿を現していました。 2016-4-2撮影。



当日訪れた、熊本の様子です。 ↓
                                            ↓
熊本地震のあと--唐人町・細工町界隈(明八橋・第一高校正門前の石橋)     2016-08-28
    http://kaz1001.asablo.jp/blog/2016/08/28/8166512

井樋橋( いびばし)が地震で無くなっていました。     2016-08-28    
    http://kaz1001.asablo.jp/blog/2016/08/28/8165784

飫肥城 -- 宮崎県日南市飫肥2015-09-16

                                                                                       写真は click! で拡大されます。

                    飫肥城  大手門(再建)






               飫肥城旧本丸へ

ひんやりとした、苔と飫肥杉が林立、心を落ち着かせる。

旧本丸北門(復元)

NHK連続テレビ小説わかばのロケ地になったことでも有名である。

旧本丸跡入り口。礎石のあと。 御門があったのでしょう。

江戸時代の書院造りの御殿を再建したという松尾の丸



飫肥城歴史資料館

犬馬場から歴史資料館を望む。
近年では1978年に大手門が復元されたほか、本丸跡には日南市立飫肥小学校(藩校の振徳堂が前身)が建てられている。たくさんの子供たちが元気よく挨拶してくれます。

-------------------------------------------------------------------------
(Wikipedia より抜粋)
飫肥城    (宮崎県)

大手門(再建)
城郭構造     群郭式平山城
天守構造     建造されず
築城主       土持氏
築城年       戦国初期
主な改修者     伊東祐兵
主な城主     土持氏、新納氏、伊東氏
廃城年     1871年
遺構        石垣
指定文化財     日南市史跡
再建造物        御殿・櫓門・門・塀

飫肥城(おびじょう)は、日向国南部(現在の宮崎県日南市飫肥)にある日本の城である。江戸時代は伊東氏飫肥藩の藩庁として繁栄した。飫肥市街北部の丘陵に曲輪を幾つも並べた群郭式の平山城である。
飫肥城は宇佐八幡宮の神官の出で、日向の地に武士団として勢力を伸ばした土持氏が南北朝時代に築城したのが始まりと伝えられ、飫肥院とも呼ばれていた。時代は下って、室町時代末期の長禄2年(1458)九州制覇を狙う薩摩の島津氏が、鎌倉時代から日向で勢力を蓄えてきた伊東氏の南下に備えて、志布志城主で島津氏の一族である新納忠続を飫肥城に入城させた。

伊東氏の没落によって両氏の争いに終止符が打たれたかに思われたが、飫肥を失った伊東祐兵が羽柴秀吉に仕え、九州征伐に参加し活躍した戦功により再び飫肥の地を取り返し、大名として復活を成し遂げた。以後、廃藩置県で飫肥藩が廃止されるまで伊東氏の領するところとなった。江戸期、伊東氏は豊臣系の外様大名という微妙な地位ながらも飫肥の地で家名を全うしたが、ひとえに関ヶ原の戦いで東軍側にたった数少ない九州大名だったことが物を言ったのであろう。
-------------------------------------------------------------------------

駐車場近くの案内センターで、戦国時代を詳しく説明してくれる係りの方がおられました。

豫松館
                                              小村記念館



クリーニング屋さんでした。町の景観を守ってらっしゃいます。

                                               ゴミの日の案内もシック。
飫肥・商家資料館


                                       JR九州-日南線  飫肥駅

綾城 -- 宮崎県東諸県郡綾町大字北俣2015-09-16

                                                                                      写真は click! で拡大されます。





中世の山城を復元した建物です。いまから650年ほど前の元弘年間に築城され、伊東氏48城の一つとして島津と戦う伊東方の重要な拠点になっていました。

綾城のはじまりは、今からおよそ660年前の元弘年間(1331年~1334年)足利尊氏の家臣であった細川小四郎義門がこの地方に下向を命ぜられ、その子義遠が収納使として綾を領有し、綾に山城を構え、綾氏と称したころと考えられています。
綾氏は数代城主としてこの地方を治めていましたが、室町時代八代将軍義政のころ、都於郡城を根拠として日向の国の一大豪族となった伊東氏の家臣となりました。したがって、綾城も伊東氏48城の一つとなり島津氏と戦う伊東方の重要な役割を果たしました。
その後江戸時代の一国一城制度により廃止されるまでの二百七十余年、綾城は日向の国の山城のまもりとして、現在の綾城は昭和60年春日本城郭協会に中世山城の築城について考察を依頼し、数次の調査に基づいた考察により想定され、戦国初期城楼建造物として構築されました。

別名            竜尾城
築城年代      元弘年間(1331~34)創築
築城者         細川小四郎義門
築城様式      戦国豪族の居城
主要城主      細川氏・伊東氏・島津氏
構造         縦20m横24mの石垣を土台にした
               木造2層建物見やぐら付
               地上からの高さ     19m
               綾城面積     1階 216平方メートル 
                                 2階 192平方メートル
               物見やぐら 24.89平方メートル
(綾町役場 HPより)






かつての綾城がこのような建築物であったというわけではありません。
綾城は、"中世山城とは・中世から戦国時代の城郭とは" どのようなものかと理解するのにちょうどよいお城だと思います。