簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
最後まで大切に!あなたのジュエリー買取パソコンパーツ用品着物買取着物買取着物買取おっきくなぁれ。かしこい着物リサイクル術犬用小物買取

世界遺産 国宝姫路城! - いろいろな角度から2017-11-07

いろいろな角度から撮られる姫路城! お好みのスポットは!

姫路駅より望む。

イーグレひめじ屋上より

イーグレひめじ屋上より 全景

三の丸より

松越の姫路城
(菊花展開催のテントがあり、かなり近くからしか撮れませんでした)

入城口付近より     
左より、 乾小天守、西小天守、大天守、折廻(おれまわり)渡櫓・ちの櫓(隅櫓)

三国堀越に見る姫路城
三国堀越に見る姫路城

いの門付近より

備前丸からの大天守
備前丸からの大天守

入城口付近より

景福寺公園より望む

男山配水池公園より望む
三つの小天守がきれいに見れます。
男山配水池公園より望む






世界遺産「姫路城」 中濠沿いの城門跡、景福寺公園、男山排水池公園2017-10-31

世界遺産!国宝姫路城!

別名白鷺城とも呼ばれる、優雅で美しいお城。
国宝姫路城大天守保存修理工事(平成の修理)を終え、
平成27年3月から、天守群と備前丸などのエリアが一般公開。
江戸時代以前に建設された天守が残る現存12天守の一つ
城域全体が世界文化遺産であり、国宝、重要文化財の宝庫です

      世界遺産「姫路城」 、じっくり観てきました。備前丸 -- 入城口
       に続き、中濠沿いの城門跡、景福寺公園、男山排水池公園を散策します。

たっぷり姫路城を散策しました。
修学旅行や観光客が多く写真を撮るのに苦労しました。
美しさ広大さ匠の技術とたくさんの感動をいただきました。

9時からたっぷり散策、ちょっと食事をとります。


市ノ橋門跡
最も外濠(船場川)が近く、門から伸びる橋は川を越えて直接曲輪の外に通じていたようです。
すぐ西方にある市之橋にちなんでこの名がついたそうです。

千姫の小径
姫路城の西を流れる船場川と中堀との間に造られた遊歩道です。
船場川にかかる市之橋から川沿いを南にむかう千姫の小径です。(市の橋手前)





                                                      景福寺公園より望む
                                   景福寺公園  --  姫路城を西側から捉えることができるポイントです。




景福寺公園から国道2号線を渡り北へ進みます。
姫路文学館をすぎると参道の階段があり、千姫天満宮、男山八幡宮、男山配水池公園があります。

千姫天満宮



男山八幡宮


男山配水池公園より望む


男山配水池公園より望む
下のほうに、清水門跡が見えます。




                                  清水門跡
                                  清水門は船場川に沿って中曲輪に設けられた城門です。

                 「鷺の清水」と呼ばれた井戸が復元されています。設置されている案内板によると、
                  この水は播磨十水のひとつに数えられた名水だったようです。




北勢隠門跡
城の北、今は姫山公園となっている濠に挟まれた地域を勢隠と呼ぶようです。
北勢隠門はその出入り口です。

人や自転車の通行が結構あります。


北勢隠門跡より、西の丸のワの櫓を望む
西の丸  ワの櫓・レの渡櫓


                         好古園方面より、桜門橋を望む


                                               中堀跡
                                                 姫路城の南側を走る国道2号線沿い、
                                                 西に行くと鵰門跡(上)、 東に行くと中ノ門跡(下)




姫路の立町にある小さなお社の長壁神社




世界遺産「姫路城」 、じっくり観てきました。 備前丸 -- 入城口2017-10-31

世界遺産!国宝姫路城!

別名白鷺城とも呼ばれる、優雅で美しいお城。
国宝姫路城大天守保存修理工事(平成の修理)を終え、
平成27年3月から、天守群と備前丸などのエリアが一般公開。
江戸時代以前に建設された天守が残る現存12天守の一つ
城域全体が世界文化遺産であり、国宝、重要文化財の宝庫です

      世界遺産「姫路城」 、じっくり観てきました。天守入り口 -- 天守最上階 -- 小天守
       に続き、備前丸から入城口までを散策します。






備前丸からの大天守を堪能して、備前門にむかう。


                     備前門

                                                   

                                            ちの門、 旧番所
                                                   備前門に通ずる天守の東側
                                                   御殿に通ずる重要な箇所なので、警備が詰めていた番所


                                                    井郭櫓     -     旧番所の右側

備前門
帯の櫓、腹切丸は工事中です。

太鼓櫓


                                                      りの門



                                                  ちの櫓(隅櫓)

                                                  折廻(おれまわり)渡櫓 ( リの一渡櫓)

                                                   折廻(おれまわり)渡櫓 (リの二渡櫓)

                                                   ぬの門、(内側)



屋根のすぐ下の部分、上端がかまぼこ型に仕上げられている。
はの門に向かう「将軍坂」?にもありましたが、遊び心を加えているところが姫路城の美しさの秘密かも!

                                                   るの門(埋門)                                                  
                                                    三国堀の奥に見えた、るの門です。

をの門跡

                                               いの門、すぐ右手の井戸
姫路城には往時、内曲輪内に33か所の井戸が掘られており、現在はうち13か所が残っています。ほとんどの井戸は現在すでに水が枯れているのに、この井戸は今でも水をたたえ、水深が2mもあるそうです。


四角く飛び出した石垣があります。 江戸時代に石垣が前方に膨らんできたので、
崩壊を避けるために抑えとしてあとで積んだ石垣だそうです。



菱の門に帰ってきました。
西の丸は前回訪れましたので今回はスルーしました。

何処から見ても華麗な姫路城です。





このあと、中濠沿いの城門跡、景福寺公園、男山排水池公園など巡ります。

世界遺産「姫路城」 、じっくり観てきました。 天守入り口 -- 天守六階2017-10-31

世界遺産!国宝姫路城!

別名白鷺城とも呼ばれる、優雅で美しいお城。
国宝姫路城大天守保存修理工事(平成の修理)を終え、
平成27年3月から、天守群と備前丸などのエリアが一般公開。
江戸時代以前に建設された天守が残る現存12天守の一つ
城域全体が世界文化遺産であり、国宝、重要文化財の宝庫です

      世界遺産「姫路城」 、じっくり観てきました。はの門 -- 水六門 天守入り口
       に続き、天守内部を散策します。


                      大天守の二重扉   --    大天守に入る4つの扉のうちのひとつ


大天守地下1階
石垣に囲まれた地階

台所櫓へ通じる扉

大天守地階には、流しがある。
用途は不明であるが、たまった水を北側内庭に排出するみたいです。

これから先は、真っ暗です。 足元注意、段差には赤い毛氈が敷いてあります。

地階にある「厠(かわや)」  -- 中は非公開。 3つ並んでいるらしい。

武器庫が並んでいます。



                      上部の黒い金具に注目!
                      平成の修復で新たに設置された耐震補強で、
                      地階と1階の間の柱に施されている耐震補強部分です。
                      一階部分で、柱の下部が覆われているのが見えます。



大天守1階

                                           武者走り     --    障子を開ければ「格子窓」





                                      南側3つ分を仕切りを無くした、大広間みたいなものですかね。
                                      右側の柱が、東大柱。
                                      昭和の大修理の際に、根継された境目が見ることができる。
                                                                                      東大柱


                                                     二重の扉
                                                     天守の入り口は4箇所のうち、1階に2箇所あります。

                                 二階への階段の裏、北側の廊下は武具掛けがずらりと並んでいる。
                                                   二階への階段  -  武具掛けがある北側に階段


大天守2階

2階のこの階段は開き戸

北から南への 武者走り。

千鳥破風内部、開き窓。   長押には釘隠し。

内陣中央部、西大柱・東大柱。

南側の開き窓
開き窓の外、下の板を上げると石落としに。


北側の部屋は武器庫。

北西の部屋が3階へ上がる階段。


                           武具掛け


大天守3階

                                                   3階は、中央に東大柱が。
                                                 北側に、内室(うちむろ)
                                                 籠城の際の食料や武具などが収められたと言われている。

                                                   3階から4階への階段









                        中三階から見た、内室(うちむろ)

                       中三階から見た、石打棚。破風の内側になる。
                       左の窓も高い位置に、右は破風の感じが見れる。

                        中三階のようす。


大天守4階

東大柱と五階に向かう階段。 石打棚があるので窓の位置が高い。

4階は、東西南北の四面に、石打棚(階段付きの高台)がある。


千鳥破風内部、開き窓。
開き窓より、東小天守を望む。

五階へ上る階段。


大天守5階
                                              四層目の屋根裏にあたり窓が少ない。
                                              (外観は五層・内部は地下1階・地上6階の造りの内幕。)

                                                     階段は開き戸


                                               六階に上がる階段。


大天守6階(最上階)
階段の所の戸板が、「舞良戸(まいらど)」と呼ばれる。
細木を狭い間隔で横向きに入れた書院造で使われるデザインの建具だそうです。

刑部神社(長壁神社・おさかべじんじゃ)


天守より西の丸を望む

天守より南を望む

塞がれていた四隅の幻の窓

天守六階より急な階段を下ります

大天守一階、イの渡櫓への入り口


イの渡櫓
東小天守へ
西小天守入り口から階段を下りて水五門出口へ


水五門を出て、  備前丸へ向かいます

世界遺産「姫路城」 、じっくり観てきました。 はの門 -- 水六門 天守入り口2017-10-31

世界遺産!国宝姫路城!

別名白鷺城とも呼ばれる、優雅で美しいお城。
国宝姫路城大天守保存修理工事(平成の修理)を終え、
平成27年3月から、天守群と備前丸などのエリアが一般公開。
江戸時代以前に建設された天守が残る現存12天守の一つ
城域全体が世界文化遺産であり、国宝、重要文化財の宝庫です

      世界遺産「姫路城」 、じっくり観てきました。姫路駅前--姫路城 ろの門
       に続き、はの門から散策します。

ろノ門を通ると道は二手に分かれます、道なりに進むと、天守閣より離れ西の丸へむかう。
右手はクランク状に塀を回り込むと上り坂です。
右に鋭角に、この坂道の狭間から、ろの門を突破した敵を狙えます。

はの門
門と櫓が合体した、最強の出入り口です。

                        一番右端の柱です。

櫓は、両側の石垣の上に乗っているように見えますが、両側の柱によって、自立しています。
扉を閉めて両側の石を崩し、石で門内のスペースを埋めてしまうためです。そのために門内は
すぐ登り階段になっていて、石で埋めることのできる空間になっています。






                                                    この建物は次の「にの門」の上階の櫓なんですが
                                                    西側の唐破風に注目!
                                                    黒田官兵衛ゆかりの切支丹を指す十字架マーク。

                                                     にの門に向かいます。

                  はの門の右手を裏から見たところです。きれいなカーブを描いています。


正面を高い石垣に阻まれているので、一見行き止まりのように見えます。
右は行き止まり、左は180度の方向転換でにの門へ向かいます。



天守到達への最大の難関であるにの門
細い登り坂では長い縦隊になって進むしかなく、攻撃しやすく、敵は危険が大きい。

城内屈指の防御力、攻撃力を誇る櫓門で、門は門柱、冠木、大戸からくぐり戸まで一面鉄板で覆われています。
頭上は3つの櫓が複雑に折れ重なり合った構造で、低い天井の穴蔵を曲がりながら階段を登る、という構造になっています。 階上の櫓の床板をはずせば、敵兵の頭上に槍を突き立てることができる設計となっています。

                                    にノ門をくぐって西北腰曲輪に入る


                                                 ほノ門です。   埋門(うずみもん)
                                               
                                                     
                              粘土に豆砂利を混ぜ、米のとぎ汁で固めた神社仏閣で見られる壁です。
                              豊臣時代のものと言われている。
実は菜種油を混ぜ込んでいるのではないか、それで「油壁」という名称があるのではないかと言う説もあります。


                                                      左が、水一門。 右が、ほの門をくぐったところ。
                                                      境が、油壁です。


ほノ門を駆け上がると天守台の石垣に沿って行く手は二方向に分かれます。
右に大きくUターンして次の水一門に向かうか、左手に多門櫓を見ながら直進するか?
訪れた日は、直進コースは工事のため通行止め。Uターンして次の水一門へ進みます。
水一門から五門、そして次の六門までのいわゆる水曲輪の縄張と経路を通れたのはラッキーでした。

水の一門へ向かうまえに、北腰曲輪のイの渡櫓ロの渡櫓

イの渡櫓

ロの渡櫓

先に、ハの渡櫓、塩櫓、ニの渡櫓があります。(通行止め)






                       北腰曲輪から見た、 乾櫓と東小天守を結ぶ渡櫓

                       水一門から五門、そして次の六門までのいわゆる水曲輪へ

水一門
城門としてはめずらしい片開き扉

水二門と、にの櫓

水三門
ほノ門と同じく土塀の下の石垣を一部切り抜いたような形の埋門です。


水一門から水三門まで下り坂で、道幅が急激に狭くなり敵兵を苦しめる。
水一門と水二門は棟門という形式の門。
棟門とは、両側の鏡柱に冠木を渡して切妻屋根をかけただけの簡単な門で、姫路城内でもこの水一門と次の水二門、そしてちノ門の3つだけです。

                                                  水四門
                                                  土塀の下に設けられた埋門



                       水四門をくぐり西小天守を見上げる

水五門
実は大天守と西小天守をつなぐ二階建ての渡櫓なのです



                                                   水六門で渋滞を起こさせ、上の櫓から敵兵を攻撃




                              いよいよ姫路城大天守へ潜入です!