簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター

熊本城の様子を見てきました -2018.12.012018-12-02

熊本城の様子を見てきました

JAL Classic Japan Rally 2018 AMAKUSA
クラシックジャパンラリーが九州にやってきました。
「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界文化遺産へ登録されたことと、
熊本震災復興支援とあわせて「九州応援」イベントとうたわれています。
-- Day3 熊本城・城彩苑で応援・見学したあと、熊本城の復興状況を見てきました。


                      清正公像の横の案内板も「復元整備予想図」となっています。


                     馬具櫓
                     手付かずのままです。正面ですので痛々しいです。




市役所14階より

大天守
大天守は2021年度くらいに内部公開を再開する方針が発表されています。

飯田丸五階櫓
櫓は解体され、石垣の修復に入っているようです。






加藤神社より

宇土櫓
宇土櫓もダメージを受けているので再開には時間がかかるようです。
石垣も膨らんでいるのがわかります。



大天守・小天守
大天守は、屋根の足場が解体されて、新しい鯱がそびえています。
小天守は宙に浮いた状態に。




地震前に、孫の一口城主の名札を見に行きました。
娘夫婦も、「復興城主」制度に申し込んだそうです。
たくさんの方のご支援で再開が取り組まれています。
2021年の内部公開再開を待ち望みます。







人吉城跡 - 熊本県人吉市麓町2018-03-18

日本百名城の一つである人吉城跡
鎌倉時代から幕末までのおよそ700年間、相良家の中心だった中世城趾です。
球磨川と胸川を堀がわりにした築城と、江戸時代末期に施された石垣のはね出し武者返しが、珍しい遺構です。
城の建物は失火と、西南の役の兵火に焼けて現存していないが、本丸石垣や石段、古井戸などが歴然と残り、当時をしのぶことができる。



御館北側に位置する、武者返しと呼ばれる はね出し石垣。


堀合門跡と、はね出し石垣



                                               間米蔵跡
                                                水ノ手門








中御門より二の丸へ

二の丸より本丸へ







 中御門より三の丸へ





世界遺産 国宝姫路城! - いろいろな角度から2017-11-07

いろいろな角度から撮られる姫路城! お好みのスポットは!

姫路駅より望む。

イーグレひめじ屋上より

イーグレひめじ屋上より 全景

三の丸より

松越の姫路城
(菊花展開催のテントがあり、かなり近くからしか撮れませんでした)

入城口付近より     
左より、 乾小天守、西小天守、大天守、折廻(おれまわり)渡櫓・ちの櫓(隅櫓)

三国堀越に見る姫路城
三国堀越に見る姫路城

いの門付近より

備前丸からの大天守
備前丸からの大天守

入城口付近より

景福寺公園より望む

男山配水池公園より望む
三つの小天守がきれいに見れます。
男山配水池公園より望む






世界遺産「姫路城」 中濠沿いの城門跡、景福寺公園、男山排水池公園2017-10-31

世界遺産!国宝姫路城!

別名白鷺城とも呼ばれる、優雅で美しいお城。
国宝姫路城大天守保存修理工事(平成の修理)を終え、
平成27年3月から、天守群と備前丸などのエリアが一般公開。
江戸時代以前に建設された天守が残る現存12天守の一つ
城域全体が世界文化遺産であり、国宝、重要文化財の宝庫です

      世界遺産「姫路城」 、じっくり観てきました。備前丸 -- 入城口
       に続き、中濠沿いの城門跡、景福寺公園、男山排水池公園を散策します。

たっぷり姫路城を散策しました。
修学旅行や観光客が多く写真を撮るのに苦労しました。
美しさ広大さ匠の技術とたくさんの感動をいただきました。

9時からたっぷり散策、ちょっと食事をとります。


市ノ橋門跡
最も外濠(船場川)が近く、門から伸びる橋は川を越えて直接曲輪の外に通じていたようです。
すぐ西方にある市之橋にちなんでこの名がついたそうです。

千姫の小径
姫路城の西を流れる船場川と中堀との間に造られた遊歩道です。
船場川にかかる市之橋から川沿いを南にむかう千姫の小径です。(市の橋手前)





                                                      景福寺公園より望む
                                   景福寺公園  --  姫路城を西側から捉えることができるポイントです。




景福寺公園から国道2号線を渡り北へ進みます。
姫路文学館をすぎると参道の階段があり、千姫天満宮、男山八幡宮、男山配水池公園があります。

千姫天満宮



男山八幡宮


男山配水池公園より望む


男山配水池公園より望む
下のほうに、清水門跡が見えます。




                                  清水門跡
                                  清水門は船場川に沿って中曲輪に設けられた城門です。

                 「鷺の清水」と呼ばれた井戸が復元されています。設置されている案内板によると、
                  この水は播磨十水のひとつに数えられた名水だったようです。




北勢隠門跡
城の北、今は姫山公園となっている濠に挟まれた地域を勢隠と呼ぶようです。
北勢隠門はその出入り口です。

人や自転車の通行が結構あります。


北勢隠門跡より、西の丸のワの櫓を望む
西の丸  ワの櫓・レの渡櫓


                         好古園方面より、桜門橋を望む


                                               中堀跡
                                                 姫路城の南側を走る国道2号線沿い、
                                                 西に行くと鵰門跡(上)、 東に行くと中ノ門跡(下)




姫路の立町にある小さなお社の長壁神社




世界遺産「姫路城」 、じっくり観てきました。 備前丸 -- 入城口2017-10-31

世界遺産!国宝姫路城!

別名白鷺城とも呼ばれる、優雅で美しいお城。
国宝姫路城大天守保存修理工事(平成の修理)を終え、
平成27年3月から、天守群と備前丸などのエリアが一般公開。
江戸時代以前に建設された天守が残る現存12天守の一つ
城域全体が世界文化遺産であり、国宝、重要文化財の宝庫です

      世界遺産「姫路城」 、じっくり観てきました。天守入り口 -- 天守最上階 -- 小天守
       に続き、備前丸から入城口までを散策します。






備前丸からの大天守を堪能して、備前門にむかう。


                     備前門

                                                   

                                            ちの門、 旧番所
                                                   備前門に通ずる天守の東側
                                                   御殿に通ずる重要な箇所なので、警備が詰めていた番所


                                                    井郭櫓     -     旧番所の右側

備前門
帯の櫓、腹切丸は工事中です。

太鼓櫓


                                                      りの門



                                                  ちの櫓(隅櫓)

                                                  折廻(おれまわり)渡櫓 ( リの一渡櫓)

                                                   折廻(おれまわり)渡櫓 (リの二渡櫓)

                                                   ぬの門、(内側)



屋根のすぐ下の部分、上端がかまぼこ型に仕上げられている。
はの門に向かう「将軍坂」?にもありましたが、遊び心を加えているところが姫路城の美しさの秘密かも!

                                                   るの門(埋門)                                                  
                                                    三国堀の奥に見えた、るの門です。

をの門跡

                                               いの門、すぐ右手の井戸
姫路城には往時、内曲輪内に33か所の井戸が掘られており、現在はうち13か所が残っています。ほとんどの井戸は現在すでに水が枯れているのに、この井戸は今でも水をたたえ、水深が2mもあるそうです。


四角く飛び出した石垣があります。 江戸時代に石垣が前方に膨らんできたので、
崩壊を避けるために抑えとしてあとで積んだ石垣だそうです。



菱の門に帰ってきました。
西の丸は前回訪れましたので今回はスルーしました。

何処から見ても華麗な姫路城です。





このあと、中濠沿いの城門跡、景福寺公園、男山排水池公園など巡ります。