簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
最後まで大切に!あなたのジュエリー買取パソコンパーツ用品着物買取着物買取着物買取おっきくなぁれ。かしこい着物リサイクル術犬用小物買取

鎮西大社 諏訪神社 -- 長崎市上西山町18番15号2018-10-14

孫の七五三の祝い、七五三祈願に、諏訪神社を訪れました。
孫は着付けを済ませてくるので現地集合。
で、一時間前に訪れ、一ノ鳥居からじっくり観てきました。
数十年ぶりの訪問でした。





鎮西大社 諏訪神社
鎮西大社と称えられる長崎の総氏神様です。
諏訪・森崎・住吉の三社がおまつりされ、 厄除け・縁結び・海上守護の神社として崇敬されています。

長崎は、戦国時代にイエズス会の教会領となり、かつて長崎市内にまつられていた諏訪・森崎・住吉の三社を、寛永2年(1625)に初代宮司青木賢清によって、西山郷円山(現在の松森神社の地)に再興、長崎の産土神としたのが始まりです。
長崎 幼稚園 学校法人 諏訪幼稚園

さらに、慶安元年(1648)には徳川幕府より朱印地を得て、現在地に鎮西無比の荘厳な社殿が造営されました。
安政4年(1857)不慮の火災に遭い、社殿のほとんどを焼失しましたが、孝明天皇の思召しにより、明治2年(1869)に約十年の歳月をかけて以前に勝る社殿が再建され、さらに、昭和59年の御鎮座360年祭、平成6年の370年祭を記念して、二度の造営を行い現在の社殿が完成されました。
当神社の大祭(長崎くんち 10月7・8・9日)は、絢爛豪華で異国情緒のある祭として日本三大祭の一つに数えられ、国の重要無形民俗文化財に指定されています。  (諏訪神社 HPより)







大楠
この大楠は、神社が三百六十三年前に創建された当時の絵図に大きく描かれているので五・六百年は経っていると思われる。     




太鼓楼
平成の御大典記念として多くの氏子崇敬者の募財をもって平成4年4月7日に竣工しました。
この楼の中には、胴回り4.25メートルの大太鼓があり、朝夕に太鼓の音をもって、氏子地域をお祓いしています。            (諏訪神社 HPより)




大門
諏訪神社の顔と言うべき門です。
この下の坂は長坂と呼ばれ、坂の町長崎を象徴するものです。

境内より、大門ごしに  諏訪神社の向いにそびえる彦山を望む



                          手水舎


                          神輿庫
平成3年9月に台風17・19号で大門横の回廊は倒壊しましたが、平成11年に再建されました。
この東回廊に神輿3基を常時展示する神輿庫があります。













拝殿
明治2年に再建された社殿を残し、それを増築する手法にて昭和58年に増改築されている。



                           ちょうど、結婚式が行われていました。


拝殿前より、彦山を望む




                            なぜか、英語版案内の地図の方がわかりやすい!



本殿の周りに、
止め事成就の狛犬、願掛け狛犬、カッパ狛犬、トゲ抜き狛犬、立ち狛犬・逆立ち狛犬、高麗犬(こまいぬ)の井戸  などたくさんの狛犬がいます。

玉園稲荷神社、かえる岩、「諏訪荘」など次回ゆっくり散策したいと思います。




鎮西大社 諏訪神社、参道・鳥居 -- 長崎市上西山町18番15号2018-10-14

孫の七五三の祝い、七五三祈願に、諏訪神社を訪れました。
孫は着付けを済ませてくるので現地集合。
で、一時間前に訪れ、一ノ鳥居からじっくり観てきました。
数十年ぶりの訪問でした。



鎮西大社と称えられる長崎の総氏神様です。
諏訪・森崎・住吉の三社がおまつりされ、 厄除け・縁結び・海上守護の神社として崇敬されています。

長崎は、戦国時代にイエズス会の教会領となり、かつて長崎市内にまつられていた諏訪・森崎・住吉の三社を、寛永2年(1625)に初代宮司青木賢清によって、西山郷円山(現在の松森神社の地)に再興、長崎の産土神としたのが始まりです。
長崎 幼稚園 学校法人 諏訪幼稚園

さらに、慶安元年(1648)には徳川幕府より朱印地を得て、現在地に鎮西無比の荘厳な社殿が造営されました。
安政4年(1857)不慮の火災に遭い、社殿のほとんどを焼失しましたが、孝明天皇の思召しにより、明治2年(1869)に約十年の歳月をかけて以前に勝る社殿が再建され、さらに、昭和59年の御鎮座360年祭、平成6年の370年祭を記念して、二度の造営を行い現在の社殿が完成されました。
当神社の大祭(長崎くんち 10月7・8・9日)は、絢爛豪華で異国情緒のある祭として日本三大祭の一つに数えられ、国の重要無形民俗文化財に指定されています。    (諏訪神社 HPより)

諏訪神社  一の鳥居

1835年(天保6)、青銅製の鳥居を建立。のちに台風により倒壊、戦時中の金属供出で鳥居を撤去。1952年(昭和27)、鉄筋コンクリートで一の鳥居が再々建立された。


諏訪神社  二の鳥居

                 二の鳥居まえの灯篭、天明3年(1783年)建焉とあります。
1637年(寛永14)建立。諏訪神社に現存する鳥居の中で最古。最初は一の鳥居だった、石材は風頭石(安山岩)といわれる。


諏訪神社 三の鳥居、四の鳥居
三の鳥居、1877年(明治10)3月建立。  四の鳥居、1923年(大正12)10月建立。






「まよい子志らせ石」   (迷い子知らせ石)



諏訪神社 五の鳥居
  1935年(昭和10)9月、建立。





祓戸神社

                    立ち狛犬・逆立ち狛犬



                      踊り馬場 長坂  大門

                          太鼓楼と大門

                    諏訪神社の顔と言うべき門。大門 73段の石段の長坂
                    先週、この場所で秋季大祭「長崎くんち」の奉納踊がありました。
                    右側に、桟敷席のパイプがまだ残っています。



本庄の大楠(国指定天然記念物) - 福岡県築上郡築上町2018-10-09


 下本庄の大楠神社境内に巨樹がそびえている。
大楠神社の古文書によれば、景行天皇が九州平定のため京都郡・御所ヶ谷に行宮を造営したときに南三里の山河清浄の地に常磐木の楠を植え、戦勝を祈願したといわれる。
 推定樹齢1900年。 幹回り21.00m、根回り31.84m、樹高25.8m。
  日本三大楠の一つで 大正11年に国の天然記念物に指定された。





 



毎年10月頃、この大楠をライトアップし、クラシックコンサートが開かれる。

旧蔵内邸 - 福岡県築上郡築上町大字上深野2018-10-09



城井川沿いに走る、県道237号に面する、貴船神社 大鳥居

参道の奥が、旧蔵内邸と隣接する貴船神社

貴船神社
貴船神社 拝殿
貴船神社 境内社



旧藏内邸  (国指定名勝 旧藏内氏庭園)
旧藏内邸は明治時代から昭和前期まで福岡県筑豊地方を中心に炭鉱を経営し、また大分県などで錫や金の鉱山も経営した藏内次郎作、保房、次郎兵衛の藏内家三代の本家住宅です。邸宅は明治時代39年頃に主屋と応接間棟、そして庭園が造営され、大正5年の藏内鉱業株式会社設立と同時に大玄関や茶室、大広間などが池庭に面して大増築されました。また隣接する貴船神社と鳥居、参道、石橋なども一体として建設され、田園風景の中に堂々と佇む邸宅は建物、庭園とも現在も建築当時の状態をよく残しています。        (築上町教育委員会HPより)

旧藏内邸 表門

敷地面積7,200㎡ 延床面積1,250㎡
国指定名勝*平成27年3月10日指定

 大玄関と中門

 大玄関 屋久杉の格天井
旧藏内邸 大玄関 内部






応接間

みごとな木組の障子
応接間の繊細な欄間




受付横の中庭

廊下の奥が仏間


玄関間の右が仏間

玄関





茶室



茶室より望む庭園







座敷


宝蔵
廊下の奥が宝蔵、生活用具など展示があり、ビデオ案内もあります。
宝蔵と仏間は写真撮影禁止です。
宝蔵の奥の部屋で、金唐紙の展示「きんからの世界」が開催中でした。
                  玄関に展示してあった、「金唐革紙」






大広間の縁

屋久杉の弓型天井が連なる24畳の入側縁
                    
控間
大広間








                          脱衣所



大広間より茶室を望む





                          中門



佐賀市を散策!築地反射炉跡 -- 佐賀市長瀬町2018-10-02



築地反射炉跡  日本初の実用反射炉
幕末期、最先端の科学技術を誇っていた佐賀藩は、10代藩主鍋島直正の命により、日本で最初の洋式反射炉を築地に作り、初めて鋼鉄製の大砲の鋳造に成功しました。 跡地となる日新小学校の中には、反射炉の模型が建てられています。
佐賀市長瀬町9-15(日新小学校校庭内)                      佐賀市観光協会HPより

















旧城下町の道標
佐賀市長瀬町
この道標は、長崎街道に設けられた道標の一つで、佐賀城下の長瀬町から長崎街道をそれて、南の諌早渡海場へ通ずるその分岐点に建てられていた。
安山岩製の方柱の上端は、しのぎがあって山形に削られていて、地表からの現高は約122センチメートル、幅は21センチメートルで、方柱の二面に方向が刻まれている。
方柱の上端に一指をのばした手を刻んで方向を表示し、その下に行先の地名が刻まれている。手はまわりを彫りくぼめて浮彫りにし、文字は平仮名を用いて陰刻している。
一面には、「ながさき道、こくらみち」と、2行に、他の1面には、「いさはやとかいばへ」と1行に刻まれている。
この道標が設けられた年次は明らかでないが、その様式からみて江戸時代の中期以降にくだるものであろうと推定される。
(佐賀市地域文化財データベースサイト さがの歴史・文化お宝帳HPより)




「のこぎり型家並み」を探しましたが、ここかな?って所は感じましたが確信がありませんでした。
で、道標を偶然見つけました。