簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター

武雄温泉へ2019-06-24

国指定重要文化財 武雄温泉楼門・新館

孫の1歳の祝い、「もち踏み」(一升餅)・「選び取り」
のために長崎へ向かいました。夕方の食事ということで、途中 武雄温泉を訪れました。


国指定重要文化財 楼門    

武雄温泉の歴史は古く、開湯は何と約1300年前。明治28(1895)年頃までは柄崎(つかさき)温泉と呼ばれていました。
当時、神功(じんぐう)皇后が三韓征伐の凱旋の途で立ち寄り、手に持っていた太刀の柄(つか)の先(さき)で岩を割ったところ湯が湧出したのが始まりとも、鷺が温泉で傷を癒しているのを発見したのが始まりとも言われています。

武雄温泉のシンボルと言えば、朱塗りの楼門と新館です。



開湯以来1300年経つ武雄温泉、この温泉には日本銀行や東京駅の設計を行った辰野金吾設計の楼門があり国の重要文化財に指定されています。釘を一本も使用していないそうです。

左の櫓が、第一源泉です








 1300年の歴史を持つ武雄温泉の入口に建つ「楼門」は、「新館」とともに東京駅を設計した辰野金吾博士による木造建築で国重要文化財に指定されています。楼門2階に4つの干支が見つかり、東京駅の8つの干支と合せると十二支が揃うことで話題になりました。

楼門の2階へつながる階段には鍵がかかっています。
楼門の内部を見学ができるのは、朝、9:00~10:00の一時間のみです。
一人でも可だそうで、入浴券もついています。ぜひ訪れてみたいものです。





「元湯」と「蓬莱湯」のある本館の入口
「武雄温泉楼門」をくぐると、一番手前には2つの大衆浴場がある「武雄温泉本館」



一番奥には、昔の浴場の跡がそのまま残る「武雄温泉新館」があり、自由に鑑賞できます













長崎街道を知る案内板の数々・・・
        本陣   案内板

長崎街道(柄崎宿周辺)みて歩き  案内板

鍋島藩の行政を司る代官所跡   案内板

脇本陣・宮本武蔵の井戸   案内板
脇本陣は楼門の前の平戸屋(現湯元荘東洋館)に置かれました。宮本武蔵は巌流島の決闘の後、平戸屋に滞在したと言われていて、ロビーの一角に武蔵が使った井戸が残されています。


長崎街道佐賀路
筑前原田(はるだ)宿を過ぎた田代宿から嬉野宿までの13宿が佐賀路です。
小田~鳴瀬~塩田~嬉野と通っていた街道は、塩田川の度重なる氾濫で、宝永2年(1705)からは小田~北方~塚崎(武雄)~嬉野の新道に切り替えられました。

かつて、この街道は幕府役人、参勤交代の大名行列、オランダ使節、商人などでにぎわいました。象やラクダ、クジャクなどの珍しい動物が通ったときには沿道は大変な騒ぎだったということです。

明治14年(1881)に国道34号が新設されると長崎街道は廃止されました。

                      (国土交通省 九州地方整備局 佐賀国道事務所HPより)
                      「柄崎宿」 (塚崎宿)、表記が両方あります。


塚崎宿(武雄市)には温屋を併設した本陣のほかに、長崎屋、三都屋といった旅籠屋がありました。
本陣は武雄温泉の朱塗りの楼門を入ったところにあって、大名や家老クラスの武士が宿泊していました。江戸中期に領主の専用風呂として作られた殿様風呂と呼ばれる浴場が今も残っています。殿様風呂の浴槽は江戸時代は木作りでしたが、明治期に白と黒の大理石の市松模様にリフォームされています。

武雄温泉を訪れた長崎オランダ商館の医師シーボルトは、「使節と我々は肥前藩主の浴場で入浴する許可を得た。木製の浴槽で、湯元から湯が運ばれた。その清潔さは驚くほどで、もともと水晶のようにすき通った湯を、前もって馬の尾で作った細かいふるいで漉すのである」と書き残しています。
脇本陣は楼門の前の平戸屋(現湯元荘東洋館)に置かれました。宮本武蔵は巌流島の決闘の後、平戸屋に滞在したと言われていて、ロビーの一角に武蔵が使った井戸が残されています。武蔵はここで「五輪書」の構想を練ったということです。脇本陣の向かいには代官所がありました。
                     (国土交通省 九州地方整備局 佐賀国道事務所HPより)

次回は、ゆっくり街道巡りをしたいと思います。



琵琶湖疏水を歩きました③ 第3トンネル西口・蹴上インクライン ~ 南禅寺水路閣2019-03-29



琵琶湖疏水を歩きました③ 第3トンネル西口・蹴上インクライン ~ 南禅寺水路閣

「第3トンネル東口」で疎水沿いを歩くウォーキングコースは、実質的に終わりです。
「蹴上インクライン」までは大きく迂回、三条通(府道143号線)沿いを歩くことになります。
ここでドロップアウト、府道143号の日ノ岡交差点から京都市営地下鉄(東西線)の「御陵駅(みささぎえき)」まで向かい、蹴上まで地下鉄利用をしました。

地下鉄東西線蹴上駅 1番出口 ・・インクライン方面。 2番出口 ・・蹴上浄水場方面 です。
出口を間違うと、蹴上の信号から浄水場入口の南の信号までの500m横断歩道がありません。

いったん南へ、東山ドライブウェイ、将軍塚分岐の信号あたりからスタートしました。


京都市蹴上浄水場のレンガ造の建物







三条通(府道143号線)沿いの、日向(ひむかい)大神宮の「一の鳥居」からのぼります。
(三条通沿いちょっと南より、斜めに上る坂があり、旧九条山浄水場を通ってインクラインへ向かうことができます。)

琵琶湖疎水に架かる大神宮橋 


第1疏水第3トンネル西口 
右手に 旧九条山浄水場のポンプ室が見えます。 びわ湖疏水船の上下船場になっています。
柵があるので近づくことはできません、疏水船の乗客のみ中に入れます。
御所水道ポンプ室の写真は柵と塀で囲まれてこれくらいしか見えません。

第1疏水第3トンネル西口

旧九条山浄水場ポンプ室(明治45年(1912)竣工) 、 西側の柵越しに撮影。
御所水道は大日山に設けた貯水池から京都御所まで、約4キロに専用鉄管を引いたもので、琵琶湖疏水のポンプ室から池に疏水の水をくみ上げて給水したそうです。
貯水池の満水時の水面と御所付近の標高差は約60メートルで、水圧により御所内の約70の消火栓から自動的に放水される仕組みだったそうです。


琵琶湖第2疏水合流点




蹴上インクライン

京都〜大津の舟の輸送を目的として作られた「インクライン」。台車と木造船。





「本願寺水道」は、東本願寺が火災になったときに、消火活動に使うための防火用水の水源として、蹴上からわざわざ引っ張られたものです。現在は老朽化していて、残念ながら水は止められているそうです。総延長で4.6㎞だそうです。









第2疏水の合流洗堰
冬季の第一疏水メンテナンス期間中、激しい水勢で流れ落ちる様子が見られるそうです。


蹴上発電所への放水のための導水管。




公園裏手の小道から、琵琶湖疏水の分流に沿って南禅寺水路閣に向かいます。


蹴上疏水公園 田辺朔郎博士の像
蹴上疏水公園には、疏水工事の総括責任者・田辺朔郎博士の像が立っています。




インクラインを往来した台車と三十石船



「まんぽ」とはトンネルのことらしいです。鉄道の下をくぐるトンネルを指すそうです。

強度を高めるために、レンガがらせん状に積まれ、ねじれている様子から「ねじりまんぽ」と呼ばれます。








南禅寺 山門

南禅寺 法堂




南禅寺水路閣    アーチ型の橋脚が特徴的な風格のある姿です。
明治21年に作られました。

第5トンネル~疏水分線へ



琵琶湖疏水記念館

ゴール!!南禅寺舟溜り


パンフレット 琵琶湖疏水 - 京都市上下水道局水道部疏水事務所発行のpdf
https://www.city.kyoto.lg.jp/suido/cmsfiles/contents/0000108/108414/pamphletbiwakososui[1].pdf



琵琶湖疏水を歩きました② 藤尾・第1トンネル西口~第3トンネル東口(日ノ岡)2019-03-29

      琵琶湖疏水を歩きました② 藤尾・第1トンネル西口~第3トンネル東口(日ノ岡)
琵琶湖の水を京都へ引くために明治時代に建設された「琵琶湖疏水」を散策です。
疏水沿いには、約2,000本の桜が植えられているので、桜並木を期待しましたがちょっと早かったようです。

コース唯一のコンビニ「ローソン藤尾小金塚店」から進みます。
道標がある分岐で横断歩道を渡り、コース唯一のコンビニ「ローソン藤尾小金塚店」を下ります。




第一疏水第1トンネル西口
「山縣有朋」筆の「廓其有容(かくとしてそれいるることあり)」という文字が刻まれています。
「廓其有容」は、「疏水をたたえる大地は、奥深くひろびろとしている」という意味だそうです。
(「京都市水道局の案内板」より)

東山自然緑地(山科疏水)
藤尾・四ノ宮から日ノ岡(JR御陵駅近く)にかけて約4kmにわたって疏水沿いに整備された遊歩道で、市民の憩いの場として親しまれています。


緊急遮断ゲート
大地震による堤防決壊時に水流を自動停止する緊急遮断ゲートが平成11(1999)年に設置されました。



緊急遮断ゲートから少し進んだ所にかかっている藤尾橋(1号橋) 明治20年落成
疏水工事で最初にできた橋。赤レンガと石造りの土台は当時のまま今も現役です。


測水橋   (明治末期建設)
測水橋は水量や水質を測定するための横断橋である。現在は建物も無人であり、わずかにコンクリート製蓋が残っているだけらしい。


洛東用水取水口

「一燈園」前にかかる柳山橋(第2号橋)    明治22年落成







四ノ宮舟溜り
白線引きされた四ノ宮舟溜、舟溜高低差を明確にし、安全走行ができるようにするものらしい。
諸羽トンネル東口    ちょうど、びわ湖疏水船がきました。
「諸羽トンネル」は、昭和45年(1970年)に完成した新しいトンネルです。長さ520m
国鉄東海道線の複々線化と湖西線の新設工事によって、疏水流路を変更して一部がトンネル化されました。このため、四ノ宮船溜まり下流から諸羽船溜まりの一部までの区間が埋め立てられ、旧水路は「東山自然緑地」の遊歩道として整備されました




四ノ宮船溜まり下流から諸羽船溜まりの一部までの区間が埋め立てられ、旧水路は「東山自然緑地」の遊歩道として整備されました



第2疏水トンネル試作物  

  
疏水公園 (旧水路を埋めて出来た「東山自然緑地」の遊歩道)

JR(琵琶湖線・湖西線)、京阪電車(京津線)山科駅方面が見下ろせます。

疏水に戻ってきました

諸羽トンネル西口
昭和45年(1970年)に完成した諸羽トンネルには、東口・西口ともに扁額は付けられていません。

山科の諸羽(もろは)トンネルを抜けて見えてきたのは安朱(あんしゅ)橋。(第4号橋 )


「安朱橋」の次にかかる5号橋    (安朱西橋)


洛東高校の入口にかかる洛東橋   

安祥寺川



安祥寺橋
安祥寺橋の先で水路が少し広くなっている所は、安祥寺船溜りの跡です。

妙応寺橋(7号橋)
猪が山から降りきてこの橋を渡るとのことで、橋には柵が取り付けてあります。

天智天皇陵への分岐
分岐から「天智天皇陵」の山科陵(やましなのみささぎ)までは、徒歩8分と表示されています。


天智天皇陵に沿って進み明治中期の建造とされる8号橋


あちこちに切り株があり気になりました。昨年の台風で倒木がひどかったようです。

「天智天皇陵への分岐」から少し進むと、朱塗りの「正嫡橋」が見えてきます。
疏水北にある本圀寺を結ぶ本圀寺正嫡橋(昭和58年建造)
加藤清正のゆかりの寺である 「本圀寺(ほんこくじ)」
加藤清正の菩提寺であり、境内には清正が寄進した勝運・開運にあやかれる「開運門(現在の門は2代目)」や、廟所の「清正宮」などがあります。



大正13年(1924)建造との三角橋である大岩橋(第9号橋)



カタカナの表札です。


山ノ上橋(第10号橋)、
明治22年(1899)9月建造のこの橋は、封山橋といわれていたそうです。また、地名から黒岩橋とも、その形から太鼓橋とも称されたそうですが、この橋は日本最初のアーチ型鉄筋コンクリート橋とのこと。(?)      第11号橋が日本最古のはずですが??

倒木の写真でも疑問を感じました。
「倒木発生のため通行止め」の説明用の地図です。
左上に、「日本最古のコンクリート橋」とあります。最初は地図の間違いかと思いました。

「日本最初の鉄筋コンクリート橋(第11号橋)」は、当時の最新工法だった鉄筋コンクリートを試したもので、その経験をもとに本格的な鉄筋コンクリート橋である「黒岩橋」を建設したそうです。
いろいろ調べて納得がいきました。

第2トンネル東口
第2トンネルの長さは124mで、第1トンネル2,436m、諸羽トンネル540m、第3トンネル850mと比べると随分短いトンネルです。扁額には、内務大臣など明治政府の要職を歴任した「井上馨」筆の「仁似山悦智為水歓歡(じんはやまをもってよろこびちはみずをもってなるをよろこぶ)」という文字が刻まれています。「仁似山悦智為水歓歡」は、「仁者は知識を尊び、知者は水の流れをみて心の糧とする」という意味だそうです。(「京都市水道局の案内板」より)


トンネル右下のプレートです。






「第2トンネル東口」から「第2トンネル西口」へ向かうには、住宅街を抜けます。
細い路地を抜けると疏水に戻ります。


第2トンネル西口
レンガ造りの美しいデザインの「第2トンネル西口」洞門の扁額には、「西郷従道(さいごうじゅうどう)」筆の「隨山到水源(やまにしたがいすいげんにいたる)」という文字が刻まれています。





対岸の施設は、京都市上下水道局の新山科浄水場日ノ岡取水池です。





第3トンネル東口        2042、2043、2044
「日本最初の鉄筋コンクリート橋」からは、「第3トンネル東口」が見えます。「第3トンネル東口」洞門の扁額には、内閣総理大臣を2度務めた「松方正義」筆の「過雨看松色(かうしょうしょくをみる)」という文字が刻まれています。「過雨看松色」は、「時雨が過ぎるといちだんと鮮やかな松の緑をみることができる」という意味だそうです。(京都市水道局ホームページより)




日本最初の鉄筋コンクリート橋
「第2トンネル西口」からすぐで「日本最初の鉄筋コンクリート橋(第11号橋)」です。
明治36年(1903年)に造られた橋長7.2m、幅員1.5mの小さな鉄筋コンクリート橋で、国の史跡に指定されています。橋のそばには「本邦最初鐵筋混凝土(コンクリート)橋」と刻まれた石碑が建っています。
鉄柵の中に橋が架かっています。 鉄柵が、近すぎ・大きすぎではないでしょうか??

100年以上前に作られたRC橋の路面。
この橋の鉄筋は専用の材料がなかったため、疏水工事で使ったトロッコのレールが代用されているそうです。

「第3トンネル東口」で疎水沿いを歩くウォーキングコースは終わりです。

府道143号の日ノ岡交差点から、京都市営地下鉄(東西線)の「御陵駅(みささぎえき)」へ
地下鉄で蹴上まで向かいました。






琵琶湖疏水を歩きました ① 琵琶湖(大津)~藤尾・第1トンネル西口2019-03-29

      琵琶湖疏水を歩きました ① 琵琶湖(大津)~藤尾・第1トンネル西口
琵琶湖の水を京都へ引くために明治時代に建設された「琵琶湖疏水」
かつては、物資を運ぶための船などで賑わい、京都の発展の礎を築いてきました。
時代の流れとともに明治26年(1951)に舟運は終了・・・ しかし、
なんと今年(2018年)の春から疏水を往来する船「琵琶湖疏水通船」が観光船として復活。

しかし、チケットが取れません。で、疏水沿いを歩くことにしました。
疏水沿いには、約2,000本の桜が植えられているので、桜並木を期待しましたがちょっと早かったようです。


京阪電車 三井寺駅(石山坂本線) 到着が am9:09。
いよいよ、琵琶湖疏水散策です。



国道161号の新三保ケ崎橋から琵琶湖側を望む。第1疏水取水口
突き出た水上の建物は、国土交通省が設置している三保ヶ崎水位観測所(量水計)です。



揚水機場(琵琶湖側)新三保ヶ崎橋から
揚水機場(疏水側)大津絵橋から
大津絵橋から東側へ向かうと入口に、「琵琶湖第一疏水揚水機場」のプレートがあります
琵琶湖の水位が低下した際、ポンプを稼働させて疏水の流量を確保するためのものだそうです。




琵琶湖第一疏水揚水機場の前に、琵琶湖第2疏水取水口があります。

第2疏水は飲料水や水力発電を目的として造られました。第2疏水の取水口のある敷地には立ち入りができないため、国道161号(尾花川橋)から眺めるだけ
        琵琶湖第2疏水取水口の扁額   萬物資始(ばんぶつとりてはじむ)



三井寺へ向かう 一直線の琵琶湖疏水をフェンス沿いに歩きます。



旧北国街道に架かる北国橋の東側に、大津閘門前乗下船場があります。
乗船予約がないと入れません。

大津閘門 ・・・ 上流側、北国橋の上から望む。 右の柵を備えた水門は制水門らしい。
大津閘門 ・・・ 下流側 鹿関橋(かせきばし)より

「第1トンネル東口」までは「大津運河」と呼ばれ、コースは約600m
石造りの立派な「鹿関橋(かせきばし)」より

第1疏水第1トンネル東口
第一トンネルは全長約2.4キロメートル。琵琶湖疏水のトンネルの中でも1番長い距離です
「琵琶湖疏水第一トンネル」東口洞門の入り口には、初代内閣総理大臣・伊藤博文による「氣象萬千(きしょうばんせん)」の文字が刻まれています。
千変万化する氣象と風景の変化はすばらしいという意味だそうです。(「京都市水道局の案内板」より)


ここから疏水は、長等山をトンネルで抜けます。




三井寺南別所


1200年の歴史を持つ「長等神社(ながらじんじゃ)」、後の山が長等山と言いこの神社は長等神社です。



石造小関越道標

道標 「右小関越 三条五城いまくま 京道」 に従って右折。






小関峠のピーク付近に、「地蔵堂」があります。





小関越え分岐、左の細い道を下ります。
「地蔵堂」からすぐの所に分岐があります。琵琶湖疏水の案内板が設置されています。



琵琶湖疏水第一竪坑が見えてきました
琵琶湖疏水第一竪坑の案内板。
第1竪坑の深さは45m、地上部の直径は5.5m




「第1竪坑」から坂道を下っていくと、「普門寺」の横に出ます。

国道161号・西大津バイパスをくぐり抜けて、大津市藤尾奥町の住宅街を抜けていきます。


「寂光寺」の旧本堂には、藤尾磨崖仏(大津市指定文化財)があります。

道標がある分岐で横断歩道を渡り、コース唯一のコンビニ「ローソン藤尾小金塚店」を下ります。


第一疏水第1トンネル西口
「山縣有朋」筆の「廓其有容(かくとしてそれいるることあり)」という文字が刻まれています。
「廓其有容」は、「疏水をたたえる大地は、奥深くひろびろとしている」という意味だそうです。
(「京都市水道局の案内板」より)


パンフレット 琵琶湖疏水 - 京都市上下水道局水道部疏水事務所のpdf

鎮西大社 諏訪神社 -- 長崎市上西山町18番15号2018-10-14

孫の七五三の祝い、七五三祈願に、諏訪神社を訪れました。
孫は着付けを済ませてくるので現地集合。
で、一時間前に訪れ、一ノ鳥居からじっくり観てきました。
数十年ぶりの訪問でした。

鎮西大社 諏訪神社



鎮西大社 諏訪神社
鎮西大社と称えられる長崎の総氏神様です。
諏訪・森崎・住吉の三社がおまつりされ、 厄除け・縁結び・海上守護の神社として崇敬されています。

長崎は、戦国時代にイエズス会の教会領となり、かつて長崎市内にまつられていた諏訪・森崎・住吉の三社を、寛永2年(1625)に初代宮司青木賢清によって、西山郷円山(現在の松森神社の地)に再興、長崎の産土神としたのが始まりです。
長崎 幼稚園 学校法人 諏訪幼稚園

さらに、慶安元年(1648)には徳川幕府より朱印地を得て、現在地に鎮西無比の荘厳な社殿が造営されました。
安政4年(1857)不慮の火災に遭い、社殿のほとんどを焼失しましたが、孝明天皇の思召しにより、明治2年(1869)に約十年の歳月をかけて以前に勝る社殿が再建され、さらに、昭和59年の御鎮座360年祭、平成6年の370年祭を記念して、二度の造営を行い現在の社殿が完成されました。
当神社の大祭(長崎くんち 10月7・8・9日)は、絢爛豪華で異国情緒のある祭として日本三大祭の一つに数えられ、国の重要無形民俗文化財に指定されています。  (諏訪神社 HPより)







大楠
この大楠は、神社が三百六十三年前に創建された当時の絵図に大きく描かれているので五・六百年は経っていると思われる。     




太鼓楼
平成の御大典記念として多くの氏子崇敬者の募財をもって平成4年4月7日に竣工しました。
この楼の中には、胴回り4.25メートルの大太鼓があり、朝夕に太鼓の音をもって、氏子地域をお祓いしています。            (諏訪神社 HPより)




大門
諏訪神社の顔と言うべき門です。
この下の坂は長坂と呼ばれ、坂の町長崎を象徴するものです。

境内より、大門ごしに  諏訪神社の向いにそびえる彦山を望む



                          手水舎


                          神輿庫
平成3年9月に台風17・19号で大門横の回廊は倒壊しましたが、平成11年に再建されました。
この東回廊に神輿3基を常時展示する神輿庫があります。













拝殿
明治2年に再建された社殿を残し、それを増築する手法にて昭和58年に増改築されている。



                           ちょうど、結婚式が行われていました。


拝殿前より、彦山を望む




                            なぜか、英語版案内の地図の方がわかりやすい!



本殿の周りに、
止め事成就の狛犬、願掛け狛犬、カッパ狛犬、トゲ抜き狛犬、立ち狛犬・逆立ち狛犬、高麗犬(こまいぬ)の井戸  などたくさんの狛犬がいます。

玉園稲荷神社、かえる岩、「諏訪荘」など次回ゆっくり散策したいと思います。