簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
最後まで大切に!あなたのジュエリー買取パソコンパーツ用品着物買取着物買取着物買取おっきくなぁれ。かしこい着物リサイクル術犬用小物買取

ALTEC A7 もどき!(515-16G) 悪戦苦闘スタート ②2013-08-14

515-16Gにあわせるホーンの調達。
ドライバー806Aとホーン811Bを比較的安値で仕入れました。
まずは、ネットワークを作成し、SP BOXの上にセット。


いよいよ音出し。
ホーンはいい音でなってます。さすがALTEC 811B。
だが、515の低音が、あれ--え??
ぼわん、ぼわん どーもいけません。
2ヶ月経過。試行錯誤するも・・・・????

やはり500Hzカットだ。と今度は、511Bを入手。ドライバーは804A。

途中、ホーン811BをマウントするためにBOXの改造にかかる。
死んでいるホーンをはずし、マウント部分を切り出し、バスレフポートを計算して作成。
出来たのがこれです。

再び、500Hzカットで調整。まずは、ネットワーク作成。コイルは少々高いですな-!
何とか手持ちのコイルで組み合わせ、FOSTEXの2.2mHだけ安く買いました。
音だし。515の重たい低音が出るようになりました。511Bホーンを前後にずらし位相のチェック。
壁からの距離もチェック。壁から20cm以上あけたがいいみたいです。

ということで、憧れのA7もどき!が完成。あれやこれやで、半年がたちました。
現在、ALTEC 3兄弟を並べて楽しんでいます。


 プリアンプ: LUXMAN A3032
 パワーアンプ: TRV-A300SE
 CD-P: ONKYO C1VL
 ターンテーブル:MICRO MR611
 カートリッジ: AT-15E

コメント

_ hiro ― 2017-10-17 18:32

はじめまして。すごく立派な記事、拝読いたしました。おなじ福岡市内にこんなすごい方がいらっしゃったとは感激です。私もALTECもどきで遊んでおりますが、とってもプアマンなシステムで細々とやっております。では、失礼いたします。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック