簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター

櫻井神社・櫻井大神宮 福岡県糸島市志摩桜井2020-03-24

県の重要文化財であり、黒田家ゆかりの神社を訪れました。

周船寺から新しい道路ができて、九州大学、伊都キャンパスを抜け糸島の中心部へ向かいます。
昔は、志摩シーサイドへ良く通った道ですが、かなり様子が違っています。
でも、九大を過ぎて、(昔は左折のところが今は直進)ちょっと走ると昔のままです。
県道567号線を進み、二見が浦方面へ向かうと「櫻井神社1KM」のサインが現れます。
そこを右折です。






          



桁に支えられた太鼓橋


          手水舎

           楼門




          楼門から望む拝殿

拝殿、中殿、本殿  奥が岩戸宮


豪華な装飾が施された、三間社流造(さんげんやしろながれづくり)の本殿



         岩戸宮

豪華な装飾が施された、三間社流造(さんげんやしろながれづくり)の本殿




③ 八神殿(はっしんでん)・須賀神社(すがじんじゃ)


④ 日子(ひこ)・楠(くすのき)神社   ⑤ 春日神社(かすがじんじゃ) 

⑦ 八幡宮(はちまんぐう)

⑧ 金比羅神社(ことひらじんじゃ) 

⑨ 二見が浦遥拝所(ふたみがうらようはいしょ)



櫻井神社
ご祭神:神直日神(かむなおひのかみ)・大直日神(おおなおひのかみ)・八十枉津日神(やそまがつひのかみ)、島岡大明神、八所産土大神(やところうぶすなおおかみ)
当社ご創建の基は、慶長十五年(1610)六月朔より二日の暁にかけて、大雷雨が起こり突如電光一閃のうちに岩戸神窟が開け、ご神霊が顕現されました。それから、様々な霊験あらたかなことが起こり、それを聞き及ばれた福岡藩二代目藩主黒田忠之公は家臣を二回に渡り遣わして問われるに、その答え寸分も違わず御験(みしるし)があったので、益々ご神威に感謝され、寛永9年(1632)に現在の豪華絢爛なご社殿をご創建され、現在もその当時の姿を留め本殿・拝殿・楼門は福岡県の重要文化財に指定されております。

三間社流造(さんげんやしろながれづくり)の本殿には豪華な装飾が施され、ほぼ同時期に建てられた拝殿、楼門(ろうもん)ともに「福岡県指定文化財」に指定されています。
                                      (櫻井神社HPより)


① 櫻井猿田彦神社(さくらいさるたひこじんじゃ) ② 塞の神(さいのかみ) 


           神楽殿

伊勢神宮から譲与された鳥居
鳥居は2013年伊勢神宮の「式年遷宮」で解体されたもの


          櫻井大神宮



櫻井大神宮
ご祭神:天照大御神(あまてらすおおみかみ)豊受大御神(とようけのおおみかみ)
櫻井神社ご祭神のご神託を受けられた黒田忠之公が櫻井神社創建前の寛永二年(1625)に岩戸神窟の西南の地、光寿山(こうじゅさん)へ神明造り茅葺の社殿を造営し、伊勢神宮の祀官橋本氏により、伊勢神宮の内宮・外宮の両宮のご分霊を奉じさせ、ご鎮座頂いたことがご創祀であります。
内宮・外宮を一宇に合祀されたご本殿の千木は向かって右が水平切りで内宮(天照大御神)を現し、向かって左が垂直切りで外宮(豊受大御神)を現している当宮独自の建築様式であります。
当宮も伊勢神宮のご遷宮に倣い、宮地を2か所に定め、20年ごとに式年遷宮を執り行っておりましたが、第13回目にして止まり、現在の社殿は慶応二年(1866)のもので、150年近く経っております。

山中にある櫻井大神宮は、伊勢神宮と深い関わりを持ち、伊勢の内宮と外宮を一体化した神明造り(しんめいづくり)の社殿です。                (櫻井神社HPより)

           ご神木








        筑前二見ヶ浦

昨年の大注連縄 掛け替えの様子です ↓ ↓
桜井二見ヶ浦の夫婦岩大注連縄掛祭 - 福岡県糸島市志摩桜井 ― 2019-05-04
        http://kaz1001.asablo.jp/blog/2019/05/04/9068547



櫛田神社 節分祭で河津桜を見つけました2020-02-03


日本一大きなお多福面でおなじみ、櫛田神社の節分祭



         西島伊三雄さんの絵が今でも活躍しています。




社務所の斜め前に、この陽気で見事に咲いている河津桜。








裏参道の今熊野神社の梅




        南神門
        南神門入ってすぐの河津桜


         豆まきで大賑わいです

筑前國一之宮 住吉神社 節分祭20202020-02-03




二月三日 節分祭
悪疫に霊験があると云われる「桃の弓」「葦の矢」を以て、
疫鬼を追い払う除災笑福の神事を行います  (南門の案内板より)







自分の星から枡に豆を投げ入れ、自分の中に棲む邪悪な鬼を退治してくれるのだそう。

節分祭 災禍祓 九星早見表で
三碧木星でしたので、その位置から枡にめがけて投げてきました。
箱に入らなかった豆はたくさんの鳩が寄ってきてきちんと掃除してくれます。







鬼ではありません!
方相氏 (節分に行われる追儺(ついな)式、即ち鬼やらいの時に魔や鬼を払う役)の登場


方相氏、神職の方々が拝殿に向かわれ、神事が執り行われます
10時30分より神事が始まります(祝詞、玉串奉奠など30分くらいです)


黄金4つ目の方相氏(ほうそうし)が盾と矛を持ち、悪疫に霊験があるといわれる「桃の弓」「葦の矢」を以て鬼を追い払う追儺(おにやらい)の神事が執り行われます。


           鬼の登場

        神楽殿で鬼を退治します



「桃の弓」で「葦の矢」が3本射られ、取った方は矢をいただけます。
追儺神事の後、神楽殿で11時から1時間ごとに豆撒き行事が行われ、撒かれた豆の中に当たり券があれば、福引きができます。



宮司さんから神事のわかりやすい説明があったりで、楽しい和やかなひと時でした。
福引にたくさんの人の行列ができていました。

志賀海神社 歩射祭 - 福岡市東区志賀島2020-01-12



昨年、志賀海神社 ・志賀島を散策したとき、歩射祭に是非訪れたいと思ってました。
天気予報は、曇り一時雨。 朝から頑張って出かけました。





矢取りを務める子どもたち。


8:45到着。 祭りの準備は整い、神事を待つばかりの様子です。
先ずは、拝殿でお参りをしてスタンバイ!


午前9時、祭典の開始。





午前9時30分  今宮神社にて祭典。


射手衆は立烏帽子・浄衣の装束で、祭典後拝殿にて、「扇の舞」を奉納する










境内において、土蜘蛛を追い回すかのような、大的を背負った社人を先頭に庭内を三巡する
「的廻り」が行われます。 (10:00すぎ)



阿曇百足役のイトウベンサシが楼門前の御神橋より天地四方を祓い清め的場へと移ります。






いよいよ、射手衆の歩射です。




射的は射手が一人ずつ、一手(矢二本)を放ち、八人が三交代します。合計48本が射込まれる。
黒的に当たると観衆が〝ヨイヤァ〟とはやし、拍手で沸きます。








      射手士射的成績 ・・・ 〇×で成績がつけられていました。
      一手(矢二本)、二人一組で四回で八人。それが三回で、四八本の矢が射られます。
      午前11時より約2時間行われます。

的板の裏には志賀海神社の三神の「底津綿津見神」「仲津綿津見神」「表津綿津見神」と書きしるされた「お札」が張られてあります。
射的が終わると参拝者により「的破り」が行われ、的板を持ち帰り神棚に供えたり、戸口に飾るなどして一年の無病息災・五穀豊穣・豊漁を願います。


   的札を1枚ゲット!
    綿津見三神、底津綿津見神・仲津綿津見神・表津綿津見神の印があります。


    当日頂いたパンフレットをスキャンしました。
    裏面に、当日の参加名簿がありました。御座・地頭・射手・矢取 各8名。

射手を補佐する「矢取り」は数年後に「射手」となるための経由点だとされています。

矢取りを務めた子どものほとんどが、射手はカッコよく憧れ、未来の射手を目指すのでしょう。
文化継承のあり方がすばらしいです。

射手衆、矢取りや世話役,見守る島民との一体感と、古式にのっとった神事・弓を使う所作が素晴らしい伝統を感じます。
この祭を通して、若者逮は神を敬い、生活を律し先達に学び、次の世代へと引き継ぐのでしょう。


※ 頑張って当日の模様をYouTubeにまとめアップしました。
  編集しましたが、伝えたいことが多くて、長い時間になってしまいました。
志賀海神社 歩射祭 2020-01   (9時~祭典。 10時より的廻り)
https://www.youtube.com/watch?v=npIkfr-CJw0&list=FLwVL6bgSPW1aswlFigdLreA&index=3&t=0s

志賀海神社 歩射祭 2020-02   (11時より射的)
https://www.youtube.com/watch?v=qV3kf7N2dvM&list=FLwVL6bgSPW1aswlFigdLreA&index=2&t=936s





※昨年11月、訪れた志賀海神社の様子です。 ↓ ↓
  志賀島 散策 志賀海神社     2019-11-13  








筑前一之宮 住吉神社 追儺祭(鬼すべ・鷽替え行事)1月7日2020-01-07




追儺祭(鬼すべ・鷽替え行事)1月7日 
鬼を打つ追儺祭(ついなさい)を斎行し、祭典終了後は凶を吉に取り替える鷽替え(うそかえ)の行事を行います。鷽替えとは、知らず知らずのうちに使ってしまう「嘘」を「まこと」に替えていただき、正しい幸運を招くという意味です。(住吉神社HPより)

            18:30

仕事帰りに・・・住吉神社 追儺祭へ
昨年の12月31日は、「大晦(おおつもごり)の大祓」 。
1月5日は、初詣。
本日、1月7日は、追儺祭。神事は19:00からです。



            18:30


                鷽替え神事の木鷽。 初穂料 500円です。



            18:45 参拝のお客様が増えてきました、


            19:10
午後7時、神事が始まります。
途中、境内の灯りを全て消して神事が執り行われます。
暗い中、本殿の奥から神門までの往復、「鬼は外、鬼は外」の声と豆が床に叩きつけられる音が響きます。




神殿から火が点けられた松明を神官が参拝客の間を神楽殿の前まで

祝詞が読み上げられてのち、古いお札・お守りなどが忌火により焚き上げられます。

 火がつけられ、夜空を焦がしてゆきます。





鬼がどんど焼きの火の回りを3回ほど回り、その後、神官によってつかまり、
縄で縛られ、「鬼縛り石」と呼ばれる石に縛り付けられます。





「替えましょう。替えましょう。」の掛け声とともに、境内では「鷽替え」が始まりました。
                           5回以上、他の人と鷽を取り換えたほうがいいらしい。


鷽替え(うそかえ)のあと、福引き行事が執り行われました。


古式ゆかしく、厳かで、そして楽しい日本のお正月の行事です。

↓ ↓ 当日の様子をYouTubeにアップしました。
住吉神社 追儺祭  「どんど焼」・ 「鬼やらい」 2020.1.7
https://www.youtube.com/watch?v=40NtOUrashQ&list=FLwVL6bgSPW1aswlFigdLreA&index=2&t=0s


↓↓ 2015年の 追儺祭です。
筑前一之宮 住吉神社、1月7日 追儺祭(ついなさい)。 2015-01-07