簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター

老司瓦窯跡 - 福岡市南区老司4丁目2020-07-24

令和2年3月 国史跡 老司瓦窯跡の環境整備工事が終わり、立派なアクリル説明板が設置されました。


老司瓦窯跡アクリル説明板



福岡少年院の正門横の少年院敷地内にあり、説明板は公道に面して設置してあります。


丘のラインと、アクリル板の線を重ねる位置で覗くと、窯の様子が見れます。


少年院の門と、アクリル説明板の間に設置してある、以前からの説明板。





老松神社の西側、道を隔てた丘陵斜面が老司瓦窯跡で、昭和11年発見された。
平成18年、崖面の養生工事に先立って発掘調査が実施され、瓦窯1基の全容が明らかとなった。窯は、全長11mに及ぶ地下式登り窯で、天井は崩落していたが焚口から煙道までが良好に残っていた。
この窯で焼かれた瓦は、老司式古瓦と呼ばれ、7世紀後半から8世紀初頭にかけて造営された大宰府観世音寺の創建瓦に用いられたことが明らかになっている。老司式瓦のバリエーションは、九州各地の官衙や寺院に用いられている。
 なお、老松神社の南側に5基の円墳が確認されているが、内容は不明である。
                                 福岡市の文化財HPより

五ケ山ダム 福岡県那珂川市2020-07-21


いつも通る五ケ山ダムですが、ドライブの帰りに散策してみました。

五ケ山ダム(ごかやまダム)は福岡県那珂川市、二級河川・那珂川水系那珂川に建設されたダムです。  所在地は「五ヶ山」(小さい「ヶ」)です、ダム名は大きい「五ケ山」(大きい「ケ」)だそうです。
五ヶ山という名は、ダム湖の底に沈んでしまった五箇村(網取、道十里、桑河内、東小河内、大野)に由来しているそうです。








R385沿いより、ダムの下へ降りる階段が見えます。
カメラ片手に、長い階段の遊歩道を降りてみました。








        ダムの下にある橋から、上と下を撮ってみました。



      さらに下ると、五ケ山クロス リバーパークがあります。
      那珂川寄りのR385から車でも行けます。



2015年の工事中風景

坂本峠入口の大野大橋より
             上、2015-4-11撮影。    下、2020-7-21撮影。







江戸時代には、筑前藩と肥前藩との間で国境争いが起り、街道沿いには多くの国境石(くにさかいいし)が見られたが多くはダム湖の下に。
福岡県と佐賀県の境にあった落差約5mの滝、稚児落としの滝もダム湖の下に。

江戸幕府の測量方だった伊能忠敬隊がこの「肥前・筑前街道」を測量していた資料もあるようです。

櫛田神社 奉納された飾り山を見に行きました。 福岡市博多区2020-07-03

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、来年に延期されたが、神事である「祇園例大祭」は執り行れます。
「博多祇園山笠」の象徴、高さ約13メートルの「飾り山」が、「御神入れ」が行われ7月1日から一般公開されました。表が「清正公虎退治誉」と聞いて、早速カメラを抱えて行きました。

表が「清正公虎退治誉」




見送りは「桃太郎鬼退治誉」。



「櫛田入り」で旋回の目印となる「清道(せいどう)旗」も、お目見え。














櫛田神社の手水舎ですが、なんかいつもと違う???





川端通商店街(福岡市博多区上川端町)です。
漫画家・長谷川法世さんが描いた博多祇園山笠のイラストに、博多弁でコロナ対策や収束を願うフレーズ「ソーシャルディスタンスば守ろうね」「コロナに負けんばい 疫病退散!」「ようと手ば洗いんしゃい」「コロナが早よ収まりますように」を記した4パターンの垂れ幕が掲げられています。




垂れ幕の掲出は7月31日までだそうです。

櫻井神社・櫻井大神宮 福岡県糸島市志摩桜井2020-03-24

県の重要文化財であり、黒田家ゆかりの神社を訪れました。

周船寺から新しい道路ができて、九州大学、伊都キャンパスを抜け糸島の中心部へ向かいます。
昔は、志摩シーサイドへ良く通った道ですが、かなり様子が違っています。
でも、九大を過ぎて、(昔は左折のところが今は直進)ちょっと走ると昔のままです。
県道567号線を進み、二見が浦方面へ向かうと「櫻井神社1km」のサインが現れます。
そこを右折です。






          



桁に支えられた太鼓橋


          手水舎

           楼門




          楼門から望む拝殿

拝殿、中殿、本殿  奥が岩戸宮


豪華な装飾が施された、三間社流造(さんげんやしろながれづくり)の本殿



         岩戸宮

豪華な装飾が施された、三間社流造(さんげんやしろながれづくり)の本殿




③ 八神殿(はっしんでん)・須賀神社(すがじんじゃ)


④ 日子(ひこ)・楠(くすのき)神社   ⑤ 春日神社(かすがじんじゃ) 

⑦ 八幡宮(はちまんぐう)

⑧ 金比羅神社(ことひらじんじゃ) 

⑨ 二見が浦遥拝所(ふたみがうらようはいしょ)



櫻井神社
ご祭神:神直日神(かむなおひのかみ)・大直日神(おおなおひのかみ)・八十枉津日神(やそまがつひのかみ)、島岡大明神、八所産土大神(やところうぶすなおおかみ)
当社ご創建の基は、慶長十五年(1610)六月朔より二日の暁にかけて、大雷雨が起こり突如電光一閃のうちに岩戸神窟が開け、ご神霊が顕現されました。それから、様々な霊験あらたかなことが起こり、それを聞き及ばれた福岡藩二代目藩主黒田忠之公は家臣を二回に渡り遣わして問われるに、その答え寸分も違わず御験(みしるし)があったので、益々ご神威に感謝され、寛永9年(1632)に現在の豪華絢爛なご社殿をご創建され、現在もその当時の姿を留め本殿・拝殿・楼門は福岡県の重要文化財に指定されております。

三間社流造(さんげんやしろながれづくり)の本殿には豪華な装飾が施され、ほぼ同時期に建てられた拝殿、楼門(ろうもん)ともに「福岡県指定文化財」に指定されています。
                                      (櫻井神社HPより)


① 櫻井猿田彦神社(さくらいさるたひこじんじゃ) ② 塞の神(さいのかみ) 


           神楽殿

伊勢神宮から譲与された鳥居
鳥居は2013年伊勢神宮の「式年遷宮」で解体されたもの


          櫻井大神宮



櫻井大神宮
ご祭神:天照大御神(あまてらすおおみかみ)豊受大御神(とようけのおおみかみ)
櫻井神社ご祭神のご神託を受けられた黒田忠之公が櫻井神社創建前の寛永二年(1625)に岩戸神窟の西南の地、光寿山(こうじゅさん)へ神明造り茅葺の社殿を造営し、伊勢神宮の祀官橋本氏により、伊勢神宮の内宮・外宮の両宮のご分霊を奉じさせ、ご鎮座頂いたことがご創祀であります。
内宮・外宮を一宇に合祀されたご本殿の千木は向かって右が水平切りで内宮(天照大御神)を現し、向かって左が垂直切りで外宮(豊受大御神)を現している当宮独自の建築様式であります。
当宮も伊勢神宮のご遷宮に倣い、宮地を2か所に定め、20年ごとに式年遷宮を執り行っておりましたが、第13回目にして止まり、現在の社殿は慶応二年(1866)のもので、150年近く経っております。

山中にある櫻井大神宮は、伊勢神宮と深い関わりを持ち、伊勢の内宮と外宮を一体化した神明造り(しんめいづくり)の社殿です。                (櫻井神社HPより)

           ご神木








        筑前二見ヶ浦

昨年の大注連縄 掛け替えの様子です ↓ ↓
桜井二見ヶ浦の夫婦岩大注連縄掛祭 - 福岡県糸島市志摩桜井 ― 2019-05-04
        http://kaz1001.asablo.jp/blog/2019/05/04/9068547



櫛田神社 節分祭で河津桜を見つけました2020-02-03


日本一大きなお多福面でおなじみ、櫛田神社の節分祭



         西島伊三雄さんの絵が今でも活躍しています。




社務所の斜め前に、この陽気で見事に咲いている河津桜。








裏参道の今熊野神社の梅




        南神門
        南神門入ってすぐの河津桜


         豆まきで大賑わいです