簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター

琵琶湖疏水を歩きました③ 第3トンネル西口・蹴上インクライン ~ 南禅寺水路閣2019-03-29



琵琶湖疏水を歩きました③ 第3トンネル西口・蹴上インクライン ~ 南禅寺水路閣

「第3トンネル東口」で疎水沿いを歩くウォーキングコースは、実質的に終わりです。
「蹴上インクライン」までは大きく迂回、三条通(府道143号線)沿いを歩くことになります。
ここでドロップアウト、府道143号の日ノ岡交差点から京都市営地下鉄(東西線)の「御陵駅(みささぎえき)」まで向かい、蹴上まで地下鉄利用をしました。

地下鉄東西線蹴上駅 1番出口 ・・インクライン方面。 2番出口 ・・蹴上浄水場方面 です。
出口を間違うと、蹴上の信号から浄水場入口の南の信号までの500m横断歩道がありません。

いったん南へ、東山ドライブウェイ、将軍塚分岐の信号あたりからスタートしました。


京都市蹴上浄水場のレンガ造の建物







三条通(府道143号線)沿いの、日向(ひむかい)大神宮の「一の鳥居」からのぼります。
(三条通沿いちょっと南より、斜めに上る坂があり、旧九条山浄水場を通ってインクラインへ向かうことができます。)

琵琶湖疎水に架かる大神宮橋 


第1疏水第3トンネル西口 
右手に 旧九条山浄水場のポンプ室が見えます。 びわ湖疏水船の上下船場になっています。
柵があるので近づくことはできません、疏水船の乗客のみ中に入れます。
御所水道ポンプ室の写真は柵と塀で囲まれてこれくらいしか見えません。

第1疏水第3トンネル西口

旧九条山浄水場ポンプ室(明治45年(1912)竣工) 、 西側の柵越しに撮影。
御所水道は大日山に設けた貯水池から京都御所まで、約4キロに専用鉄管を引いたもので、琵琶湖疏水のポンプ室から池に疏水の水をくみ上げて給水したそうです。
貯水池の満水時の水面と御所付近の標高差は約60メートルで、水圧により御所内の約70の消火栓から自動的に放水される仕組みだったそうです。


琵琶湖第2疏水合流点




蹴上インクライン

京都〜大津の舟の輸送を目的として作られた「インクライン」。台車と木造船。





「本願寺水道」は、東本願寺が火災になったときに、消火活動に使うための防火用水の水源として、蹴上からわざわざ引っ張られたものです。現在は老朽化していて、残念ながら水は止められているそうです。総延長で4.6㎞だそうです。









第2疏水の合流洗堰
冬季の第一疏水メンテナンス期間中、激しい水勢で流れ落ちる様子が見られるそうです。


蹴上発電所への放水のための導水管。




公園裏手の小道から、琵琶湖疏水の分流に沿って南禅寺水路閣に向かいます。


蹴上疏水公園 田辺朔郎博士の像
蹴上疏水公園には、疏水工事の総括責任者・田辺朔郎博士の像が立っています。




インクラインを往来した台車と三十石船



「まんぽ」とはトンネルのことらしいです。鉄道の下をくぐるトンネルを指すそうです。

強度を高めるために、レンガがらせん状に積まれ、ねじれている様子から「ねじりまんぽ」と呼ばれます。








南禅寺 山門

南禅寺 法堂




南禅寺水路閣    アーチ型の橋脚が特徴的な風格のある姿です。
明治21年に作られました。

第5トンネル~疏水分線へ



琵琶湖疏水記念館

ゴール!!南禅寺舟溜り


パンフレット 琵琶湖疏水 - 京都市上下水道局水道部疏水事務所発行のpdf
https://www.city.kyoto.lg.jp/suido/cmsfiles/contents/0000108/108414/pamphletbiwakososui[1].pdf



コメント

トラックバック