簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター

琵琶湖疏水を歩きました② 藤尾・第1トンネル西口~第3トンネル東口(日ノ岡)2019-03-29

      琵琶湖疏水を歩きました② 藤尾・第1トンネル西口~第3トンネル東口(日ノ岡)
琵琶湖の水を京都へ引くために明治時代に建設された「琵琶湖疏水」を散策です。
疏水沿いには、約2,000本の桜が植えられているので、桜並木を期待しましたがちょっと早かったようです。

コース唯一のコンビニ「ローソン藤尾小金塚店」から進みます。
道標がある分岐で横断歩道を渡り、コース唯一のコンビニ「ローソン藤尾小金塚店」を下ります。




第一疏水第1トンネル西口
「山縣有朋」筆の「廓其有容(かくとしてそれいるることあり)」という文字が刻まれています。
「廓其有容」は、「疏水をたたえる大地は、奥深くひろびろとしている」という意味だそうです。
(「京都市水道局の案内板」より)

東山自然緑地(山科疏水)
藤尾・四ノ宮から日ノ岡(JR御陵駅近く)にかけて約4kmにわたって疏水沿いに整備された遊歩道で、市民の憩いの場として親しまれています。


緊急遮断ゲート
大地震による堤防決壊時に水流を自動停止する緊急遮断ゲートが平成11(1999)年に設置されました。



緊急遮断ゲートから少し進んだ所にかかっている藤尾橋(1号橋) 明治20年落成
疏水工事で最初にできた橋。赤レンガと石造りの土台は当時のまま今も現役です。


測水橋   (明治末期建設)
測水橋は水量や水質を測定するための横断橋である。現在は建物も無人であり、わずかにコンクリート製蓋が残っているだけらしい。


洛東用水取水口

「一燈園」前にかかる柳山橋(第2号橋)    明治22年落成







四ノ宮舟溜り
白線引きされた四ノ宮舟溜、舟溜高低差を明確にし、安全走行ができるようにするものらしい。
諸羽トンネル東口    ちょうど、びわ湖疏水船がきました。
「諸羽トンネル」は、昭和45年(1970年)に完成した新しいトンネルです。長さ520m
国鉄東海道線の複々線化と湖西線の新設工事によって、疏水流路を変更して一部がトンネル化されました。このため、四ノ宮船溜まり下流から諸羽船溜まりの一部までの区間が埋め立てられ、旧水路は「東山自然緑地」の遊歩道として整備されました




四ノ宮船溜まり下流から諸羽船溜まりの一部までの区間が埋め立てられ、旧水路は「東山自然緑地」の遊歩道として整備されました



第2疏水トンネル試作物  

  
疏水公園 (旧水路を埋めて出来た「東山自然緑地」の遊歩道)

JR(琵琶湖線・湖西線)、京阪電車(京津線)山科駅方面が見下ろせます。

疏水に戻ってきました

諸羽トンネル西口
昭和45年(1970年)に完成した諸羽トンネルには、東口・西口ともに扁額は付けられていません。

山科の諸羽(もろは)トンネルを抜けて見えてきたのは安朱(あんしゅ)橋。(第4号橋 )


「安朱橋」の次にかかる5号橋    (安朱西橋)


洛東高校の入口にかかる洛東橋   

安祥寺川



安祥寺橋
安祥寺橋の先で水路が少し広くなっている所は、安祥寺船溜りの跡です。

妙応寺橋(7号橋)
猪が山から降りきてこの橋を渡るとのことで、橋には柵が取り付けてあります。

天智天皇陵への分岐
分岐から「天智天皇陵」の山科陵(やましなのみささぎ)までは、徒歩8分と表示されています。


天智天皇陵に沿って進み明治中期の建造とされる8号橋


あちこちに切り株があり気になりました。昨年の台風で倒木がひどかったようです。

「天智天皇陵への分岐」から少し進むと、朱塗りの「正嫡橋」が見えてきます。
疏水北にある本圀寺を結ぶ本圀寺正嫡橋(昭和58年建造)
加藤清正のゆかりの寺である 「本圀寺(ほんこくじ)」
加藤清正の菩提寺であり、境内には清正が寄進した勝運・開運にあやかれる「開運門(現在の門は2代目)」や、廟所の「清正宮」などがあります。



大正13年(1924)建造との三角橋である大岩橋(第9号橋)



カタカナの表札です。


山ノ上橋(第10号橋)、
明治22年(1899)9月建造のこの橋は、封山橋といわれていたそうです。また、地名から黒岩橋とも、その形から太鼓橋とも称されたそうですが、この橋は日本最初のアーチ型鉄筋コンクリート橋とのこと。(?)      第11号橋が日本最古のはずですが??

倒木の写真でも疑問を感じました。
「倒木発生のため通行止め」の説明用の地図です。
左上に、「日本最古のコンクリート橋」とあります。最初は地図の間違いかと思いました。

「日本最初の鉄筋コンクリート橋(第11号橋)」は、当時の最新工法だった鉄筋コンクリートを試したもので、その経験をもとに本格的な鉄筋コンクリート橋である「黒岩橋」を建設したそうです。
いろいろ調べて納得がいきました。

第2トンネル東口
第2トンネルの長さは124mで、第1トンネル2,436m、諸羽トンネル540m、第3トンネル850mと比べると随分短いトンネルです。扁額には、内務大臣など明治政府の要職を歴任した「井上馨」筆の「仁似山悦智為水歓歡(じんはやまをもってよろこびちはみずをもってなるをよろこぶ)」という文字が刻まれています。「仁似山悦智為水歓歡」は、「仁者は知識を尊び、知者は水の流れをみて心の糧とする」という意味だそうです。(「京都市水道局の案内板」より)


トンネル右下のプレートです。






「第2トンネル東口」から「第2トンネル西口」へ向かうには、住宅街を抜けます。
細い路地を抜けると疏水に戻ります。


第2トンネル西口
レンガ造りの美しいデザインの「第2トンネル西口」洞門の扁額には、「西郷従道(さいごうじゅうどう)」筆の「隨山到水源(やまにしたがいすいげんにいたる)」という文字が刻まれています。





対岸の施設は、京都市上下水道局の新山科浄水場日ノ岡取水池です。





第3トンネル東口        2042、2043、2044
「日本最初の鉄筋コンクリート橋」からは、「第3トンネル東口」が見えます。「第3トンネル東口」洞門の扁額には、内閣総理大臣を2度務めた「松方正義」筆の「過雨看松色(かうしょうしょくをみる)」という文字が刻まれています。「過雨看松色」は、「時雨が過ぎるといちだんと鮮やかな松の緑をみることができる」という意味だそうです。(京都市水道局ホームページより)




日本最初の鉄筋コンクリート橋
「第2トンネル西口」からすぐで「日本最初の鉄筋コンクリート橋(第11号橋)」です。
明治36年(1903年)に造られた橋長7.2m、幅員1.5mの小さな鉄筋コンクリート橋で、国の史跡に指定されています。橋のそばには「本邦最初鐵筋混凝土(コンクリート)橋」と刻まれた石碑が建っています。
鉄柵の中に橋が架かっています。 鉄柵が、近すぎ・大きすぎではないでしょうか??

100年以上前に作られたRC橋の路面。
この橋の鉄筋は専用の材料がなかったため、疏水工事で使ったトロッコのレールが代用されているそうです。

「第3トンネル東口」で疎水沿いを歩くウォーキングコースは終わりです。

府道143号の日ノ岡交差点から、京都市営地下鉄(東西線)の「御陵駅(みささぎえき)」へ
地下鉄で蹴上まで向かいました。






コメント

トラックバック