簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
最後まで大切に!あなたのジュエリー買取パソコンパーツ用品着物買取着物買取着物買取おっきくなぁれ。かしこい着物リサイクル術犬用小物買取

熊本県玉名市 - 高瀬船着場跡・俵ころがし - 菊池川の清正刎・石塘2015-04-01


高瀬大橋
菊池川に架かる橋で、高瀬裏川の緑地を横切るように国道208号が走ってます。


                    高瀬裏川に架かる、桁橋群。

高瀬眼鏡橋
高瀬裏川下流部にかかる2連アーチの石橋です。嘉永元年(1848年)、町奉行の高瀬寿平らによって架けられました。
東陽村の名匠石工橋本勘五郎により架けられたといわれています。




                                                  上流側より。
                                                 橋面。

                                                下流側からみた、併設された樋門。                               
 秋丸眼鏡橋

水流量を調整する分流板を備え、樋門、敷石等の施設を付属させた石造橋です。
天保3年(1832年)に架けられた。なお、県道16号線改良に伴い移築された。
種山石工活動前の古い時期に属する石造橋で、樋門を併設した利水上の機能を有する貴重な橋です。
 ※昨年訪れた。「高瀬裏川 花しょうぶまつり」の様子はこちらで ↓
        玉名市 高瀬裏川、花しょうぶまつりと石橋 -- 高瀬裏川の桁橋群    2014-06
                    http://kaz1001.asablo.jp/blog/2014/06/01/7332543
        玉名市 高瀬裏川、花しょうぶまつりと石橋 -- 高瀬目鏡橋・秋丸目鏡橋    2014-06
                    http://kaz1001.asablo.jp/blog/2014/06/01/7332437





「フランス積み」と呼ばれる、煉瓦つくりの橋脚が魅力です。



高瀬船着場跡「俵ころがし」
旧渡頭:揚場

旧渡頭:俵ころがし

新渡頭:俵ころがし

新渡頭:俵受け

高瀬船着場跡「俵ころがし」
加藤清正は肥後入国後、船の発着場や米蔵(御蔵)を整備するなど、港の規模を大きくする事業に力をそそぎました。
清正のこの事業は、そのまま細川氏に受け継がれ、船着場、御蔵などの施設はさらに充実しました。川べりへ通ずる石敷の「俵ころがし」とよばれる坂道と、川へ突出する石畳と、御蔵へ通ずる石段などを築きました。

川尻の御蔵前船着場跡も、JR鉄橋の下でした。「俵ころがし」もあります。
川の下流で、発展した町ができ、物流が盛んになり、線路が通るってことでしょうね。


菊池川の清正刎・石塘




菊池川の清正刎・石塘
加藤清正により、菊池川の治水及び新田開発を目的に築造されました。
菊池川には、ところどころに轡塘(くつわども:遊水地)を築き、蛇行するところには数多くの石刎(いしはね:水の勢いを和らげる)を設け、洪水被害を軽減させました。

菊池川沿いにあるハゼ並木は、藩の財政再建のためのロウ専売制のために栽培されたものの名残で、昔の面影を伝え、美しい河川空間を創り出しています。



※ 加藤清正の偉業

馬場楠井手の鼻ぐり - 菊陽町:馬場楠井出の鼻ぐり公園     こちら ↓
                          http://kaz1001.asablo.jp/blog/2014/10/28/7476166
川尻の御蔵前船着場跡、御船手渡し跡 - 熊本市南区           こちら ↓
                          http://kaz1001.asablo.jp/blog/2014/10/27/7474977       

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック