簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター

長崎街道 小竹 ~ 飯塚2019-02-23


長崎街道は江戸時代、小倉-長崎間57里(およそ228km)を25か所の宿場で結んでいました。

長崎街道は慶長17年(1612年)に冷水峠が拓かれたことによって小倉から長崎まで57里(228キロ)に25宿が整備されました。
黒田福岡藩内の長崎道は黒崎・木屋瀬・飯塚・内野・山家・原田の6宿が設けられ「筑前6宿」と呼ばれます。

長崎街道 小竹 ~ 飯塚

JR小竹駅から飯塚宿を目指します。

小竹は、木屋瀬宿と飯塚宿の中継地点にあたる“間の宿(あいのしゅく)”。           
街道を歩くと、郡境石や貴船神社など、当時の面影が残る風景を見ることができました。 
     


遠賀川沿いから役場の方へ
小竹十三仏   


遠賀川沿いのR200より右へ街道の住宅が続きます。


実相寺

龍屋寺

白壁の町並み


小竹 今お休み処 -- 小竹街道筋の情報満載の休憩所です。

貴船神社


御小休所(原田家現在の龍徳屋酒店)
長籔騒動について説明がありました。



小竹地蔵尊   
六地蔵
涅槃像 ・・ 左脇を下にしたもので珍しいらしいです。



郡境石
嘉穂郡と鞍手郡の境に建てられた石。「従是北鞍手郡 勝野村」
ここから北は鞍手郡であることを意味し、勝野村とあるのは勝野村が自らの意思でこの石を建てたことの表れだと思われるが、その経緯と時代についての詳細は発見されていない。
(説明版より)       


目尾交差点 ・・ 目尾(しゃかのお) と読みます。 横切ってフェンス沿いの道を進む。

目尾(しゃかのお)の旧街道沿い

目尾の地蔵堂(高聖奥の院)・・レンガ造りの地蔵堂

遠賀川に架かるJR筑豊本線高架。 右に遠賀川堤防沿いを進む。

鯰田渡交差点  ・・ 渡しの名前が残っています。

国道200号線より遠賀川河川敷方面へ、左に入る。



遠賀川河川敷から街道は右に下ります。

白壁の商家     伊藤伝衛門邸の少し前の街道です。   

天心山無極寺 伊藤伝衛門邸の前に位置する浄土真宗本願寺派のお寺です。

伊藤伝衛門邸


許斐交差点を右に入ります。


高林寺

パチンコ屋うらの住宅街を進みます。

東川津の信号を渡って裏の道が街道です。

住宅街を右に左に、細い路地を進みます。河津公園の手前を左折。(解りにくい)
正面の建花寺川の向こうへ街道は続く。

(水江交差点)の橋を渡って、直進した位置に来ました。

志賀社の祠(片島の祠)

観音堂  小さい観音堂です。古い木製の観音様がいらっしゃいます。

街道沿いの片島の町並み 

竹園寺   

片島1丁目の信号を直進します。

白藤醤油製造元

オランダ屋敷跡

観音寺の入り口

嚢祖八幡宮   
飯塚の総鎮守です。
飯塚天満宮・嚢祖八幡宮 ・祇園宮と3つの鳥居が並んでいます。

目の前が、飯塚宿の東構口です。 次回はここからスタートです。



朝8:30、福岡天神よりバスで直方へ。 前回の続きで多賀神社よりスタート。
途中、JR勝野-JR小竹は電車移動。
ふたたび小竹より街道歩き。 16:00のバスで福岡に帰りました。

長崎街道 直方の城下町から小竹     2019-02-23
       http://kaz1001.asablo.jp/blog/2019/02/23/9040035
長崎街道 木屋瀬宿 旧高崎家住宅・村庄屋跡(松尾家)     2018-11-14
     http://kaz1001.asablo.jp/blog/2018/11/17/9000054
長崎街道 木屋瀬宿 ~ 直方     2018-11-14    
     http://kaz1001.asablo.jp/blog/2018/11/14/8998938
長崎街道 立場茶屋銀杏屋・石坂の急坂 (北九州市八幡西区石坂)     2018-11-12
     http://kaz1001.asablo.jp/blog/2018/11/12/8996874
長崎街道 城下町小倉 ~ 黒崎宿 ④     2018-11-08
    http://kaz1001.asablo.jp/blog/2018/11/08/8995579
長崎街道 城下町小倉 ~ 黒崎宿 ③     2018-11-08
    http://kaz1001.asablo.jp/blog/2018/11/08/8994829
長崎街道 城下町小倉 ~ 黒崎宿 ②     2018-11-08
    http://kaz1001.asablo.jp/blog/2018/11/08/8993996
長崎街道 城下町小倉 ~ 黒崎宿 ①     2018-11-08
    http://kaz1001.asablo.jp/blog/2018/11/08/8990955

コメント

トラックバック