簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター

長崎街道 飯塚宿2019-03-23

長崎街道は江戸時代、小倉-長崎間57里(およそ228km)を25か所の宿場で結んでいました。

黒田福岡藩内の長崎道は黒崎・木屋瀬・飯塚・内野・山家・原田の6宿が設けられ「筑前6宿」と呼ばれます。せめて福岡県内だけでも歩いてみようと、小倉から少しづつ歩いています。

長崎街道 飯塚宿

今回は、飯塚宿から内野宿までと思っていましたが、朝から天気が良くなく飯塚でちょっと時間をつぶしてのスタートとなりました。結果、上穂波で時間切れでした。

河川敷駐車場に車を止めてスタート! 
 
街道から外れてますが、嘉穂劇場あたりから・・・


千鳥饅頭で名高い千鳥屋本家は寛永7年(1630)創業。
炭坑労働者たちは甘いお菓子が大好きでした。


筑前六宿のひとつ飯塚宿へ~水陸運の要所から炭鉱町へ~
江戸時代の飯塚宿は、遠賀川と飯塚川が合流する水路交通の要所でした。

飯塚宿 郡屋跡
郡屋 こうりや・ぐんや : 代官・下代・大庄屋など村役人の会議所で、御茶屋(本陣)の管理・宿場の治安・大名の送迎などの事務をあつかいました。(石碑側面案内より)


飯塚宿 住吉宮跡
寛政七年(1793)市橋小太夫が夢のお告げで石像神体を川底から引き上げ、水神として祭ったと伝えられています。飯塚宿では陸上交通だけではなく、川船の上下する水運の要地で、近くには船頭が住んでいました。(石碑側面案内より)




長崎街道 飯塚宿の入り口です。
飯塚宿 東構口跡

飯塚宿 寶月楼跡
宝月楼:飯塚の商人、古川直道の別荘、幕末の福岡の歌人 大隈言道はここで嘉永二年から十年間、飯塚の門弟達の指導をしてました。歌人で勤皇家でもあった野村望東尼も訪れており、地域文化の中心地でした。(石碑側面案内より)



舫石(もやいいし)
飯塚川を上下していた川艜(かわひらた)を繋ぐために使われた石の柱で、もともとは飯塚宿の問屋場と馬立所があった場所近くの川岸にありました。レプリカですがもうちょっと丁寧に扱ってほしいですね。

本町商店街。 長崎街道飯塚宿の街道筋がそのままアーケードになった商店街です。


問屋場跡 : 継ぎ所ともいい、木屋瀬と内野までの人足・馬・貨物の 引き継ぎをおこないました。馬立場(うまたてば)といって 常備馬や、宿駅・助郷制度によって飯塚宿や嘉麻・穂波両郡から 臨時にかりだされた人馬も集っていました。(石碑側面案内より)


黒ポスト
書状集箱(当時木製)を再現し、歴史の再認識を計り、平成11年4月20日通信記念日に、ゆかりのあるこの地(飯塚宿本町)に設置されたものです。現役のポストみたいです。

八百屋さんに囲まれて写真撮るのが大変でした。 現実の生活が先ですね。


この角に、森鴎外文学碑があるみたいですが、 店舗工事中で見つかりませんでした。


恵比須石跡
ここから東にのびる通りは「恵比須通り」です。街道のここに恵比須石がありましたが、その後、曩祖八幡宮の境内に移されたそうです。

宿場の繁栄を願って、通りの中央に恵比寿の石像を安置しました。恵比寿は七福神の中のひとりで、鯛を小脇に抱え、釣竿を持って福を授けてくれるものとされ、人々に信仰されました。(石碑側面案内より)



本町商店街からの、太養院参道入り口。 参道正面に、太養院。

参道の途中に、蔵がある古い屋敷が・・・


飯塚山 太養院  明正寺の隣にあり曹洞宗の寺院。行基の開山と伝えられる。



太養院の北側にある 松月山 二尊院 眞福寺
慶長10年(1605)黒田長政公の帰依により堂宇を再建。


左が、明正寺。右が、太養院。 御茶屋跡、飯の山への近道らしいです。


玉姫大明神


御茶屋跡
上茶屋あるいは本陣とも呼ばれていました。寛政17年(1640)に黒田忠之が宿場本陣(上茶屋)を設け、参勤交代の大名や長崎奉行の宿泊所としていました。


飯の山 : 飯塚の地名発祥の場所。太養院に人足のまかないを依頼したが、炊いたご飯が沢山あまり、塚のように高く積み上げたので、ここを「飯の塚(いいのつか)」と呼び、これが転じて「飯塚」になったといわれています



和光山寂定院 明正寺・勢屯り跡
明正寺北隣に大名の本陣があったため、明正寺の前は勢屯りであったという。 象が通ったことで「象の寺」とも呼ばれているという。
上茶屋から降りて来てここで行列の体制を整えていました。大名の行列は通常、宿場や主だった街道沿いの場所でのみ勢を整え、後は早足で移動していました。


飯塚本町商店街に戻ります。
長崎街道飯塚宿の街道筋がそのままアーケードになった広域型商店街です。


白水橋跡
本町商店街と東町商店街との境目にあり、 現在は横断歩道となっている。



街道は、信号を渡って東町商店街へ。

東西にのびる東町商店街を右に。

商店街の中央に、当時の飯塚宿の様子を描いた壁画があります。
     「賑わし昔の人も往き交わし 町並み楽し長崎への道」


東町商店街の西側を抜け、街道は直進です。 左はコスモスコモンです。


大神宮跡。
宝永3年(1706)6月、この場所で「元大神」と刻まれた光る石が発見され「大神石」と称して祠を建て、曩祖八幡宮の末社として崇め祀ってきました。明治42年(1909)本社の曩祖八幡宮に合祠された後その神社跡が荒れることを畏れて、神の栄を念じて井戸を掘り、湧き出る清水を利用して神に捧げる酒造りを始めました。銘を「神の栄」とし、希少なお酒だったそうです。




飯塚宿西構口
構口というのは宿場の入り口にあって、両端に街路と直角に石垣を築いて短い築地塀を設けたものです。飯塚宿の場合、構口はかつては北・南の呼称を使用していたそうです。

向町観音堂。 西構口の正面にある大師堂です。


飯塚宿をあとに、西構口より徳前大橋へ、南に向かいます。


向町橋親柱 
向町橋は大正2年架設。穂波川をまたぐ橋として重要な役割を果たしました。



徳前大橋を渡って、天道方面へ向かいます。
天道(てんとう)・桂川・上穂波を経由して、内野宿に。


長崎街道 飯塚宿~天道~桂川2019-03-23


長崎街道は慶長17年(1612年)に冷水峠が拓かれたことによって小倉から長崎まで57里(228キロ)に25宿が整備されました。

黒田福岡藩内の長崎道は黒崎・木屋瀬・飯塚・内野・山家・原田の6宿が設けられ「筑前6宿」と呼ばれます。

長崎街道 飯塚宿~天道~桂川

飯塚市穂波支所の街道案内板
「黒田長政は、参勤交代など各地の大名が博多を通ることを嫌い、原田から山家・内野・飯塚・木屋瀬・黒崎の筑前六宿を設けて小倉回りのルートを造らせたといわれています。」とあります。


飯塚宿~天道~桂川
西構口を過ぎて、向町橋親柱、穂波川に架かる徳前大橋を渡って南へ・・・

街道は、向町橋から写真右の道につながります。


街道のところどころに、長崎街道のプレートがあります。(安心します)

貴船神社


堀池古川信号を南へ直進(R200バイパスを渡る)



分岐  (googleでは、右の道が長崎街道となっています)


飯塚市穂波支所   屋根が特徴的な建物です。

飯塚市穂波支所の街道案内板
「黒田長政は、参勤交代など各地の大名が博多を通ることを嫌い、原田から山家・内野・飯塚・木屋瀬・黒崎の筑前六宿を設けて小倉回りのルートを造らせたといわれています。」とあります。







県道473号楽市交差点の西側の道が街道です。

楽市小学校


新道交差点を斜めに横断、まっすぐ進みます。


楽市あたりに、素敵な門構えの家を発見。


街道沿いの医院跡でしょうか、門柱に4桁の電話番号が刻んであります。

天道駅手前の河川の上に大きな石柱を横たえて家が建っています。

天道駅  (てんとう)です。

駅裏の大将陣公園の案内

天道駅から県道へ向かいます。

天道宮

天道の県道沿いの町並み

瑞穂菊酒造

常楽寺
常楽寺本殿が線路沿いにあったので、こちらが街道かと、一瞬悩みました!

恵比寿神社
拝殿内に恵比須のお面が飾られており、祠内(神殿)に恵比須様が祀られています。


R200に向かう瀬戸交差点手前の橋の手前を左折です。

一里塚と瀬戸の渡しの案内板

この奥が、瀬戸の渡し。
江戸時代「瀬戸の渡し」と呼ばれた渡し場がありました。この川は「川幅十間ばかり」であり、この川を渡るのは難所の一つに数えられており、参勤交代をするため旧街道を往復する大名行列もここで川を歩いて渡っていました。

街道の分岐点

川庄屋蔵跡


「瀬戸の渡し」の東側に位置します。「瀬戸の渡しのそばに馬つなぎ場があり、近くに茶屋があった。茶屋に親切なお婆さんがおり、お茶のかすを捨てずに取っておき、よく乾かして貧しい人に与えた。もらった人は少しばかりのお礼をした。そのお礼で地蔵様を祭った」と伝えられています。

こんもりした林奥に、川、国道200号。その先が街道の復帰する場所です。

青い点線、田んぼの中をずいぶん迂回しました。
選挙告示が終わり、小川知事が麻生太郎の地元を凱旋しておられました。

街道復帰。右が街道です。桂川駅手間です。


天開稲荷大明神




琵琶湖疏水を歩きました ① 琵琶湖(大津)~藤尾・第1トンネル西口2019-03-29

      琵琶湖疏水を歩きました ① 琵琶湖(大津)~藤尾・第1トンネル西口
琵琶湖の水を京都へ引くために明治時代に建設された「琵琶湖疏水」
かつては、物資を運ぶための船などで賑わい、京都の発展の礎を築いてきました。
時代の流れとともに明治26年(1951)に舟運は終了・・・ しかし、
なんと今年(2018年)の春から疏水を往来する船「琵琶湖疏水通船」が観光船として復活。

しかし、チケットが取れません。で、疏水沿いを歩くことにしました。
疏水沿いには、約2,000本の桜が植えられているので、桜並木を期待しましたがちょっと早かったようです。


京阪電車 三井寺駅(石山坂本線) 到着が am9:09。
いよいよ、琵琶湖疏水散策です。



国道161号の新三保ケ崎橋から琵琶湖側を望む。第1疏水取水口
突き出た水上の建物は、国土交通省が設置している三保ヶ崎水位観測所(量水計)です。



揚水機場(琵琶湖側)新三保ヶ崎橋から
揚水機場(疏水側)大津絵橋から
大津絵橋から東側へ向かうと入口に、「琵琶湖第一疏水揚水機場」のプレートがあります
琵琶湖の水位が低下した際、ポンプを稼働させて疏水の流量を確保するためのものだそうです。




琵琶湖第一疏水揚水機場の前に、琵琶湖第2疏水取水口があります。

第2疏水は飲料水や水力発電を目的として造られました。第2疏水の取水口のある敷地には立ち入りができないため、国道161号(尾花川橋)から眺めるだけ
        琵琶湖第2疏水取水口の扁額   萬物資始(ばんぶつとりてはじむ)



三井寺へ向かう 一直線の琵琶湖疏水をフェンス沿いに歩きます。



旧北国街道に架かる北国橋の東側に、大津閘門前乗下船場があります。
乗船予約がないと入れません。

大津閘門 ・・・ 上流側、北国橋の上から望む。 右の柵を備えた水門は制水門らしい。
大津閘門 ・・・ 下流側 鹿関橋(かせきばし)より

「第1トンネル東口」までは「大津運河」と呼ばれ、コースは約600m
石造りの立派な「鹿関橋(かせきばし)」より

第1疏水第1トンネル東口
第一トンネルは全長約2.4キロメートル。琵琶湖疏水のトンネルの中でも1番長い距離です
「琵琶湖疏水第一トンネル」東口洞門の入り口には、初代内閣総理大臣・伊藤博文による「氣象萬千(きしょうばんせん)」の文字が刻まれています。
千変万化する氣象と風景の変化はすばらしいという意味だそうです。(「京都市水道局の案内板」より)


ここから疏水は、長等山をトンネルで抜けます。




三井寺南別所


1200年の歴史を持つ「長等神社(ながらじんじゃ)」、後の山が長等山と言いこの神社は長等神社です。



石造小関越道標

道標 「右小関越 三条五城いまくま 京道」 に従って右折。






小関峠のピーク付近に、「地蔵堂」があります。





小関越え分岐、左の細い道を下ります。
「地蔵堂」からすぐの所に分岐があります。琵琶湖疏水の案内板が設置されています。



琵琶湖疏水第一竪坑が見えてきました
琵琶湖疏水第一竪坑の案内板。
第1竪坑の深さは45m、地上部の直径は5.5m




「第1竪坑」から坂道を下っていくと、「普門寺」の横に出ます。

国道161号・西大津バイパスをくぐり抜けて、大津市藤尾奥町の住宅街を抜けていきます。


「寂光寺」の旧本堂には、藤尾磨崖仏(大津市指定文化財)があります。

道標がある分岐で横断歩道を渡り、コース唯一のコンビニ「ローソン藤尾小金塚店」を下ります。


第一疏水第1トンネル西口
「山縣有朋」筆の「廓其有容(かくとしてそれいるることあり)」という文字が刻まれています。
「廓其有容」は、「疏水をたたえる大地は、奥深くひろびろとしている」という意味だそうです。
(「京都市水道局の案内板」より)


パンフレット 琵琶湖疏水 - 京都市上下水道局水道部疏水事務所のpdf

琵琶湖疏水を歩きました② 藤尾・第1トンネル西口~第3トンネル東口(日ノ岡)2019-03-29

      琵琶湖疏水を歩きました② 藤尾・第1トンネル西口~第3トンネル東口(日ノ岡)
琵琶湖の水を京都へ引くために明治時代に建設された「琵琶湖疏水」を散策です。
疏水沿いには、約2,000本の桜が植えられているので、桜並木を期待しましたがちょっと早かったようです。

コース唯一のコンビニ「ローソン藤尾小金塚店」から進みます。
道標がある分岐で横断歩道を渡り、コース唯一のコンビニ「ローソン藤尾小金塚店」を下ります。




第一疏水第1トンネル西口
「山縣有朋」筆の「廓其有容(かくとしてそれいるることあり)」という文字が刻まれています。
「廓其有容」は、「疏水をたたえる大地は、奥深くひろびろとしている」という意味だそうです。
(「京都市水道局の案内板」より)

東山自然緑地(山科疏水)
藤尾・四ノ宮から日ノ岡(JR御陵駅近く)にかけて約4kmにわたって疏水沿いに整備された遊歩道で、市民の憩いの場として親しまれています。


緊急遮断ゲート
大地震による堤防決壊時に水流を自動停止する緊急遮断ゲートが平成11(1999)年に設置されました。



緊急遮断ゲートから少し進んだ所にかかっている藤尾橋(1号橋) 明治20年落成
疏水工事で最初にできた橋。赤レンガと石造りの土台は当時のまま今も現役です。


測水橋   (明治末期建設)
測水橋は水量や水質を測定するための横断橋である。現在は建物も無人であり、わずかにコンクリート製蓋が残っているだけらしい。


洛東用水取水口

「一燈園」前にかかる柳山橋(第2号橋)    明治22年落成







四ノ宮舟溜り
白線引きされた四ノ宮舟溜、舟溜高低差を明確にし、安全走行ができるようにするものらしい。
諸羽トンネル東口    ちょうど、びわ湖疏水船がきました。
「諸羽トンネル」は、昭和45年(1970年)に完成した新しいトンネルです。長さ520m
国鉄東海道線の複々線化と湖西線の新設工事によって、疏水流路を変更して一部がトンネル化されました。このため、四ノ宮船溜まり下流から諸羽船溜まりの一部までの区間が埋め立てられ、旧水路は「東山自然緑地」の遊歩道として整備されました




四ノ宮船溜まり下流から諸羽船溜まりの一部までの区間が埋め立てられ、旧水路は「東山自然緑地」の遊歩道として整備されました



第2疏水トンネル試作物  

  
疏水公園 (旧水路を埋めて出来た「東山自然緑地」の遊歩道)

JR(琵琶湖線・湖西線)、京阪電車(京津線)山科駅方面が見下ろせます。

疏水に戻ってきました

諸羽トンネル西口
昭和45年(1970年)に完成した諸羽トンネルには、東口・西口ともに扁額は付けられていません。

山科の諸羽(もろは)トンネルを抜けて見えてきたのは安朱(あんしゅ)橋。(第4号橋 )


「安朱橋」の次にかかる5号橋    (安朱西橋)


洛東高校の入口にかかる洛東橋   

安祥寺川



安祥寺橋
安祥寺橋の先で水路が少し広くなっている所は、安祥寺船溜りの跡です。

妙応寺橋(7号橋)
猪が山から降りきてこの橋を渡るとのことで、橋には柵が取り付けてあります。

天智天皇陵への分岐
分岐から「天智天皇陵」の山科陵(やましなのみささぎ)までは、徒歩8分と表示されています。


天智天皇陵に沿って進み明治中期の建造とされる8号橋


あちこちに切り株があり気になりました。昨年の台風で倒木がひどかったようです。

「天智天皇陵への分岐」から少し進むと、朱塗りの「正嫡橋」が見えてきます。
疏水北にある本圀寺を結ぶ本圀寺正嫡橋(昭和58年建造)
加藤清正のゆかりの寺である 「本圀寺(ほんこくじ)」
加藤清正の菩提寺であり、境内には清正が寄進した勝運・開運にあやかれる「開運門(現在の門は2代目)」や、廟所の「清正宮」などがあります。



大正13年(1924)建造との三角橋である大岩橋(第9号橋)



カタカナの表札です。


山ノ上橋(第10号橋)、
明治22年(1899)9月建造のこの橋は、封山橋といわれていたそうです。また、地名から黒岩橋とも、その形から太鼓橋とも称されたそうですが、この橋は日本最初のアーチ型鉄筋コンクリート橋とのこと。(?)      第11号橋が日本最古のはずですが??

倒木の写真でも疑問を感じました。
「倒木発生のため通行止め」の説明用の地図です。
左上に、「日本最古のコンクリート橋」とあります。最初は地図の間違いかと思いました。

「日本最初の鉄筋コンクリート橋(第11号橋)」は、当時の最新工法だった鉄筋コンクリートを試したもので、その経験をもとに本格的な鉄筋コンクリート橋である「黒岩橋」を建設したそうです。
いろいろ調べて納得がいきました。

第2トンネル東口
第2トンネルの長さは124mで、第1トンネル2,436m、諸羽トンネル540m、第3トンネル850mと比べると随分短いトンネルです。扁額には、内務大臣など明治政府の要職を歴任した「井上馨」筆の「仁似山悦智為水歓歡(じんはやまをもってよろこびちはみずをもってなるをよろこぶ)」という文字が刻まれています。「仁似山悦智為水歓歡」は、「仁者は知識を尊び、知者は水の流れをみて心の糧とする」という意味だそうです。(「京都市水道局の案内板」より)


トンネル右下のプレートです。






「第2トンネル東口」から「第2トンネル西口」へ向かうには、住宅街を抜けます。
細い路地を抜けると疏水に戻ります。


第2トンネル西口
レンガ造りの美しいデザインの「第2トンネル西口」洞門の扁額には、「西郷従道(さいごうじゅうどう)」筆の「隨山到水源(やまにしたがいすいげんにいたる)」という文字が刻まれています。





対岸の施設は、京都市上下水道局の新山科浄水場日ノ岡取水池です。





第3トンネル東口        2042、2043、2044
「日本最初の鉄筋コンクリート橋」からは、「第3トンネル東口」が見えます。「第3トンネル東口」洞門の扁額には、内閣総理大臣を2度務めた「松方正義」筆の「過雨看松色(かうしょうしょくをみる)」という文字が刻まれています。「過雨看松色」は、「時雨が過ぎるといちだんと鮮やかな松の緑をみることができる」という意味だそうです。(京都市水道局ホームページより)




日本最初の鉄筋コンクリート橋
「第2トンネル西口」からすぐで「日本最初の鉄筋コンクリート橋(第11号橋)」です。
明治36年(1903年)に造られた橋長7.2m、幅員1.5mの小さな鉄筋コンクリート橋で、国の史跡に指定されています。橋のそばには「本邦最初鐵筋混凝土(コンクリート)橋」と刻まれた石碑が建っています。
鉄柵の中に橋が架かっています。 鉄柵が、近すぎ・大きすぎではないでしょうか??

100年以上前に作られたRC橋の路面。
この橋の鉄筋は専用の材料がなかったため、疏水工事で使ったトロッコのレールが代用されているそうです。

「第3トンネル東口」で疎水沿いを歩くウォーキングコースは終わりです。

府道143号の日ノ岡交差点から、京都市営地下鉄(東西線)の「御陵駅(みささぎえき)」へ
地下鉄で蹴上まで向かいました。






琵琶湖疏水を歩きました③ 第3トンネル西口・蹴上インクライン ~ 南禅寺水路閣2019-03-29



琵琶湖疏水を歩きました③ 第3トンネル西口・蹴上インクライン ~ 南禅寺水路閣

「第3トンネル東口」で疎水沿いを歩くウォーキングコースは、実質的に終わりです。
「蹴上インクライン」までは大きく迂回、三条通(府道143号線)沿いを歩くことになります。
ここでドロップアウト、府道143号の日ノ岡交差点から京都市営地下鉄(東西線)の「御陵駅(みささぎえき)」まで向かい、蹴上まで地下鉄利用をしました。

地下鉄東西線蹴上駅 1番出口 ・・インクライン方面。 2番出口 ・・蹴上浄水場方面 です。
出口を間違うと、蹴上の信号から浄水場入口の南の信号までの500m横断歩道がありません。

いったん南へ、東山ドライブウェイ、将軍塚分岐の信号あたりからスタートしました。


京都市蹴上浄水場のレンガ造の建物







三条通(府道143号線)沿いの、日向(ひむかい)大神宮の「一の鳥居」からのぼります。
(三条通沿いちょっと南より、斜めに上る坂があり、旧九条山浄水場を通ってインクラインへ向かうことができます。)

琵琶湖疎水に架かる大神宮橋 


第1疏水第3トンネル西口 
右手に 旧九条山浄水場のポンプ室が見えます。 びわ湖疏水船の上下船場になっています。
柵があるので近づくことはできません、疏水船の乗客のみ中に入れます。
御所水道ポンプ室の写真は柵と塀で囲まれてこれくらいしか見えません。

第1疏水第3トンネル西口

旧九条山浄水場ポンプ室(明治45年(1912)竣工) 、 西側の柵越しに撮影。
御所水道は大日山に設けた貯水池から京都御所まで、約4キロに専用鉄管を引いたもので、琵琶湖疏水のポンプ室から池に疏水の水をくみ上げて給水したそうです。
貯水池の満水時の水面と御所付近の標高差は約60メートルで、水圧により御所内の約70の消火栓から自動的に放水される仕組みだったそうです。


琵琶湖第2疏水合流点




蹴上インクライン

京都〜大津の舟の輸送を目的として作られた「インクライン」。台車と木造船。





「本願寺水道」は、東本願寺が火災になったときに、消火活動に使うための防火用水の水源として、蹴上からわざわざ引っ張られたものです。現在は老朽化していて、残念ながら水は止められているそうです。総延長で4.6㎞だそうです。









第2疏水の合流洗堰
冬季の第一疏水メンテナンス期間中、激しい水勢で流れ落ちる様子が見られるそうです。


蹴上発電所への放水のための導水管。




公園裏手の小道から、琵琶湖疏水の分流に沿って南禅寺水路閣に向かいます。


蹴上疏水公園 田辺朔郎博士の像
蹴上疏水公園には、疏水工事の総括責任者・田辺朔郎博士の像が立っています。




インクラインを往来した台車と三十石船



「まんぽ」とはトンネルのことらしいです。鉄道の下をくぐるトンネルを指すそうです。

強度を高めるために、レンガがらせん状に積まれ、ねじれている様子から「ねじりまんぽ」と呼ばれます。








南禅寺 山門

南禅寺 法堂




南禅寺水路閣    アーチ型の橋脚が特徴的な風格のある姿です。
明治21年に作られました。

第5トンネル~疏水分線へ



琵琶湖疏水記念館

ゴール!!南禅寺舟溜り


パンフレット 琵琶湖疏水 - 京都市上下水道局水道部疏水事務所発行のpdf
https://www.city.kyoto.lg.jp/suido/cmsfiles/contents/0000108/108414/pamphletbiwakososui[1].pdf