簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
最後まで大切に!あなたのジュエリー買取パソコンパーツ用品着物買取着物買取着物買取おっきくなぁれ。かしこい着物リサイクル術犬用小物買取

長崎街道 立場茶屋銀杏屋・石坂の急坂 (北九州市八幡西区石坂)2018-11-12

長崎街道   
小嶺の一里塚跡 ~ 立場茶屋銀杏屋・石坂の急坂 ~ 茶屋の原の一里塚


小嶺の一里塚跡
国道200号線西鉄バスの小嶺バス停すぐ。黒崎側から右側。 よく探さないと見逃します。
ガードレールの設置にちょっと気遣いが欲しいです。








立場茶屋銀杏屋 (たてばぢゃやいちょうや)   
八幡西区石坂一丁目4-6
 
立場茶屋銀杏屋
銀杏屋は、江戸時代の長崎街道・黒崎宿と木屋瀬宿の間の休憩所で、諸大名も籠を降りたというほど、急な石坂を上った所に設けられました。一般旅人の休憩所ではなく、大名たちの「御小休所」でした。 宿泊はできませんでしたが、伊能忠敬らもここで昼食を取った記録が残されています。               左奥が、石坂の急坂です。



現在あるものは、文化2年(1805)に建築されたもので、一般の農家でありながら書院造にされた「上段の間」が母屋と一緒に一棟で建てられている極 めて珍しいものです。

                        「上段の間」
中央の枯れた幹は、天保7年(1836)の火災で生じたものです。火災後に辛うじて残った根株から芽がでて、現在の4幹立ちの大木に成長しています。  幹周り6.43m、樹高16.3m。
銀杏保存のため、平成10年度に幹の剪定や土壌改良などの樹木治療を行いました。



「上段の間」の天井裏は「土」で 塗り固められている。理由はよくわからないそうです。












石坂の急坂
八幡西区石坂二丁目5番
 江戸時代、この地は長崎街道の黒崎宿と木屋瀬宿の間にある難所でした。下石坂への道は現在階段になっていますが、急坂が残っています。












茶屋の原の一里塚
小嶺と茶屋の原の間は距離が1里に満たず、 六合道と呼ばれていました。
これは、アケ坂、石坂などの険しい坂道があったことを配慮したものと思われます。








明稲荷大明神
真名子公民館の敷地中にあります。街道はゆるい下り坂を木屋瀬宿に向かいます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック