簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
最後まで大切に!あなたのジュエリー買取パソコンパーツ用品着物買取着物買取着物買取おっきくなぁれ。かしこい着物リサイクル術犬用小物買取

耶馬渓三橋(耶馬渓橋・羅漢寺橋・馬渓橋) - 大分県中津市2017-04-27

耶馬渓には優美な3つの石橋があります。
青の洞門の近くにある、耶馬渓橋・羅漢寺橋・馬渓橋です。

耶馬渓橋   八連アーチ石造橋


別名オランダ橋と呼ばれる耶馬渓橋は、青の洞門下流500mに位置する、わが国唯一の美しい8連アーチの石橋です。
全長は116mあり、その長さは日本一です。

                                   羅漢寺橋    石造三連アーチ橋




青の洞門上流約500mの場所にある全長89.03mの3連石橋です。耶馬渓3橋の中では最も古いものです。1920年(大正9年)完成しました。
名勝犬走りの上流約150mのあたりに、山国川の本流をまたいで全長89m、一つの脚経間が26.8mもの大きなアーチを持ち、雄大でしかもスマートな羅漢寺橋が架かっています。この橋の特徴は、脚経間と高さの割合が5.0という非常に扁平なことで、それだけに応力が難しく、架設も困難をきわめたようです。 結果として、規模壮大、3連アーチの見事な橋が出現しました。橋脚が長く優美で、しかも重量感と安定感があり、山国川の激流にたえてきた男性的なこの橋が、その苦心の完成までに、2回にわたる崩壊がありました。(中津耶馬溪観光協会HP)



馬渓橋    五連石造アーチ橋



馬渓橋は1914年(大正3年)11月に竣工した下城井橋が1922年(大正11年)4月に流失したため、その代替として名前を変えて約70m上流に架けられたもので、1923年(大正12年)1月に着工し、同年10月に竣工しました。
 2012年(平成24年)7月の平成24年梅雨前線豪雨及び平成24年7月九州北部豪雨により損壊し、通行止めとなりました。同じく被害を受けて通行止めとなった耶馬渓橋が2013年(平成25年)6月23日に復旧し開通したのに対し、馬渓橋は、橋に流木が集積してダム化したことが川の氾濫の原因になったとして、住民から架け替えの要望が出されており通行止めのままとなっていました。しかし、暫定的な措置として2014年6月に通行が再開しました。
 形式:5連石造アーチ橋、橋長:82.6m、支間:13.9m、拱矢:4.8m
 中津市有形文化財指定   (中津耶馬溪観光協会HP)




                                                       大正橋


                                                   水切りもきれいに三角形に成形されている。


                                                     下流側の欄干は鉄で補強されています

旧屋形小学校をリニューアルした「やかた田舎の学校」前に所在し、長さ17m、幅3.2mの石橋である。
端正な眼鏡橋で、破損がほとんどなく、竣工時の状態がよく保たれています。大正元年 架設





メイプル耶馬サイクリングロード
馬渓橋の2~3Km上流の国道212沿いで見ました。


メイプル耶馬サイクリングロードは、1975年(昭和50年)に全線廃止と耶馬溪なった鉄道廃線跡を利用した自転車道で、1982年(昭和57年)に整備され、本耶馬渓から山国までの約22キロメートルが、山国川を沿うように走る自転車専用道路となっています。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック