簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
最後まで大切に!あなたのジュエリー買取パソコンパーツ用品着物買取着物買取着物買取おっきくなぁれ。かしこい着物リサイクル術犬用小物買取

音無井路円形分水 - 竹田市九重野百木2017-09-06






音無井路は大野川水系大谷川を水源とし、竹田市南西部の宮砥地区を灌漑する用水である。
昭和9年完成の円形分水は十二号分水とも呼ばれる
水量が不足し、水の分配で争いが絶えないようになった。そこで、適切な水の分配を行うために、昭和9年(1934年)に円形分水が設けられた。




※ 以前、通潤橋の円形分水を訪れました。そのときの様子は ↓
     山都町 通潤橋~ 円形分水、笹原の石磧、聖橋    2014-07-20
      http://kaz1001.asablo.jp/blog/2014/07/20/7393501

明正井路第一拱石橋 - 大分県竹田市門田2017-09-06

6連アーチの石造水路橋「明正井路第一拱石橋
明正井路第一拱石橋は大正8年に完成した、日本最大規模の水路用の石橋です。
橋の上は緒方川から引かれた水が流れており、
高い石橋から175km先の緒方町の方へと水田用の水が流れ下っています。
                    


                 大野川水系緒方川に架かる水路用石造アーチ橋
この明正井路は江戸末期に計画されたが、 結局できあがったのは大正8年でした。
この水路はトンネルと橋が多く難工事であったようです。



                  県道8号線(竹田五ヶ瀬線)をまたぐ


明正井路(めいせいいろ)は、大分県竹田市から豊後大野市までをかん水する用水路です。
明正井路は、緒方川及び、神原川並びに、1953年(昭和28年)に竣工した補水線(大野川)の3つの川から取水され、緒方町と清川村の2,323haの地域の約717haにわたる水田を灌漑する水路で、その総延長は175km(幹線48km、用水路127km)に及ぶ。起伏が激しいため、17基もの水路橋を有する大規模な灌漑施設である。wikipediaより

住吉橋 - 大分県竹田市門田2017-09-06



                  緒方川で遮られた両岸を行き来するために、
                  川の半ばにある自然の大岩礁を橋げたの基礎土台として活用した、
                  2連のアーチ式石橋。



                  緒方川下流側より望む



                    地形をうまく利用した堰堤で用水路が設けられている。



白水溜池堰堤(通称 白水ダム)- 大分県竹田市荻町大字柏原2017-09-06

白水溜池堰堤
白水溜池堰堤(はくすいためいけえんてい)は、高さが13.9mなので正式にはダムではありません。通称「白水ダム」と呼ばれています。
1938年に建設され、1999年に国の重要文化財に指定されています。


右岸端部(写真左端)には武者返しの曲面流路
工事で通行止めのため、右岸に行けませんので、左岸端部(写真右端)の
階段状の流路は写真が撮れませんでした。

この白い看板が要所に立っています。ありがたいです。
丘陵地帯に作られた白水ダムへの道は、とてもわかりづらく、民家はほとんどなく、簡単に辿り着けない所です。そんな山あいに白水ダムは存在しています。
竹田市観光ツーリズム協会のWebサイト「タケタン」では、左岸ルートとして玉来駅から姫だるま工房経由で大野川沿いのルートが詳しく紹介されています。


傾斜をつけた石積みの主堰堤を水が越え、ゆるやかに滑り落ちる越流方式
右岸端部(写真左端)には武者返しの曲面流路、左岸端部(写真右端)には階段状の流路

2006年の二階堂酒造さんのCMで一躍有名になった「白水ダム」

その美しさは、本来機能を追求した結果として生まれたものだったのです
・ 用水路と水の取り合いの解決策が、溜池堰堤の建設
・ 地盤が脆弱であるため、落水の衝撃、水の勢いを分散させる独特の設計がなされた
・ 傾斜をつけた石積みの主堰堤を水が越え、ゆるやかに滑り落ちる越流方式を採択
・ 表面には長方体の切石を規則正しく並べ、あふれ出た水が水泡状になる工夫が施され、
   左右 両翼にもまた、水の勢いを分散させる独特の設計

堰堤の中央部を越えて流れる水流や左右両端の流路が作り出す水流の美しさは圧巻です!

詳しい構造を知りたい人は、"[PDF]白水溜池堰堤 通称 白水ダム - 農業農村工学会"を覗いてみてください。


二階堂酒造さんのCMで撮影されたアングルは地図の下の高台から下る【右岸コース】です。
 現在右岸コースは工事の為通行止めです。

岩戸橋 - 大分県竹田市荻町2017-09-06

岩戸橋
嘉永2年(1849年)に造られたアーチ上の石橋。
長さ28m・高さ18m、江戸時代の架橋としては類を見ない見事な石組みです。
石造単アーチ橋  竣工:嘉永2年(1849年)

下より岩戸水路橋、岩戸橋、旧道の新岩戸橋、岩戸大橋と4本の橋、
江戸時代から現代にわたる橋を一望することができる。

岩戸水路橋(荻柏原井路)(現在は廃橋)は、わかりにくいですが
下の写真ではなんとかみえますよ。






                  場所がわかりにくいので地図を用意しました。
                  竹田市街地から、県道135号を豊後萩駅へ向かいます。
                  竹田市役所支所の先を右折。萩郵便局先の信号を鋭角に左折。
                  あとは道なりです。