簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター

長崎街道 内野宿2019-05-02


長崎街道は江戸時代、小倉-長崎間57里(およそ228km)を25か所の宿場で結んでいました。

長崎街道は慶長17年(1612年)に冷水峠が拓かれたことによって小倉から長崎まで57里(228キロ)に25宿が整備されました。

黒田福岡藩内の長崎道は黒崎・木屋瀬・飯塚・内野・山家・原田の6宿が設けられ「筑前6宿」と呼ばれます。

長崎街道 内野宿



JR筑前内野駅


街道沿いにある内野小学校

東構口跡

若松屋





左、麹屋    右、松屋

内野郵便局

薩摩屋   油屋跡

人馬継所跡/角屋


本陣 御茶屋跡へ向かう小路


肥前屋

小倉屋

三辻屋(酒屋)


長崎屋


大庭家
                          内野上町

大黒屋


伊藤家

西構口跡


老松神社

内野関屋・大門跡

国道200号

冷水バイパス脇の旧道を進みます。


内野荒田の大根地神社鳥居が見えてきました。
鳥居を進むと、冷水峠越えです。


コメント

トラックバック