簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター

門司往還 小倉城下から大里宿2019-06-05

門司往還  小倉城下から大里宿(本土赤間関への渡海地)

門司往還は、常盤橋から、門司口門(小倉北区砂津川河口)を経て、大里宿(門司区大里本町)までの区間をいいます。多くの大名の参勤街道として活況を呈していました。


       小倉駅前 旧コレットを抜ける  "参勤交代往還路"

         "参勤交代往還路"案内板  旧コレット裏




          岩松助左衛門の墓(西顕寺)

     西顕寺から真っ直ぐに歩くと、突き当たりを左折し新砂津交差点を左に折れる。


     砂津川沿いを歩き踏切りを渡り、カード下を右折、門司口橋で砂津川を渡る。

                     門司口門跡





                     貴布祢神社


                    岩松助左衛門生家跡

                    長浜閻魔堂







大里宿へ
        門司港赤煉瓦プレイス・門司麦酒煉瓦館(帝国麦酒門司工場)      

         豊前大里宿絵図

         豊前大里宿趾

          長崎番所趾    



         人馬継所趾    


         御高札・南部屋跡

         重松彦之丞屋敷趾    


          御番所趾    

         大里宿の街並み
         昔のゴミ箱がありました。



       大里村 庄屋石原宗祐屋敷趾

        判行寺石碑趾 西生寺



 “大里宿”について
 慶長17年(1612)、冷水峠が開通して、長崎街道が短縮されたので、九州諸大名はこの路を参勤に利用するようになりました。筑前六宿はこの時成立しました。細川藩もこれに関連し、本土渡海の為に、短距離で潮の都合のよい大里を選び、ここに宿駅を設置したようです。
 大里宿は九州最北部に位置し、上り赤間関には海上約一里半(5.9km)、下り小倉へは一里十九町十七間余(約6km)となる宿駅です。
宿駅は村の中央部を町区(田畑川と水無川の間)とし、両端を南北区とする、全長646mの街道沿いに軒を連ねた小さな宿駅でした。(北九州市観光協会HPより)


コメント

トラックバック