簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター

熊本城特別公開始まる2019-10-20

娘夫婦と孫二人、熊本城一口城主です。
以前は、小天守内に名札(芳名板)がありましたが、現在では「熊本城ミュージアムわくわく座」2階のデジタル芳名板で見ることができます。復興の様子と芳名板を見に熊本城へ向かいました。

2019年10月から熊本城特別公開始まる
熊本地震の本震からもうすぐ3年。
2019年10月5日からの特別公開、大天守の復旧が進んでいます。
2018年4月には2体の鯱が設置され、11月末には大天守の石垣の積み直しが完了しました。





熊本市で19、20日に開催される「サンタクロース国際会議」があり、サンタと触れ合うレクリエーションも・・・   「サンタはハグや写真撮影もオーケー」とPR。





特筆すべきは、
「鹿児島市、福岡市、北九州市、熊本市交通連携協定に基づき、鹿児島市、福岡市、北九州市内の小中学生及び65歳以上の方も免除になります。証明できるものをご提示ください。」 と
一番下に書いてありました。普通、熊本市内在住のみですが、びっくりです!
支払い後に気づき、返金していただきました。






          戌亥櫓  仮設道路より北を望む


         奉行丸 南大手門




          宇土櫓



          天守 西側より

          天守 東側より




        本丸御殿




        首掛石、地図石の広場より





「桜の馬場 城彩苑」 




娘夫婦と孫二人、熊本城一口城主です。
以前は、小天守内に名札(芳名板)がありましたが、現在では「熊本城ミュージアムわくわく座」2階のデジタル芳名板で見ることができます。



「復興城主」による寄付は20億円を突破
2019年に入り、熊本地震で被災した熊本城の復旧費用に充てる「復興城主」制度による寄付が、20億円を突破したというニュースが駆けめぐりました。「復興城主」制度は、1万円以上を寄付すると「城主手形」と「城主証」が発行され、さらに「熊本城ミュージアムわくわく座」2階のデジタル芳名板に登録される制度です



地震の前は、小天守2階、3階で芳名板を見ることができました。



駐車場横の広場には、修復中の石垣にナンバーが書かれて並んでいます。