簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター

琵琶湖疏水を歩きました ① 琵琶湖(大津)~藤尾・第1トンネル西口2019-03-29

      琵琶湖疏水を歩きました ① 琵琶湖(大津)~藤尾・第1トンネル西口
琵琶湖の水を京都へ引くために明治時代に建設された「琵琶湖疏水」
かつては、物資を運ぶための船などで賑わい、京都の発展の礎を築いてきました。
時代の流れとともに明治26年(1951)に舟運は終了・・・ しかし、
なんと今年(2018年)の春から疏水を往来する船「琵琶湖疏水通船」が観光船として復活。

しかし、チケットが取れません。で、疏水沿いを歩くことにしました。
疏水沿いには、約2,000本の桜が植えられているので、桜並木を期待しましたがちょっと早かったようです。


京阪電車 三井寺駅(石山坂本線) 到着が am9:09。
いよいよ、琵琶湖疏水散策です。



国道161号の新三保ケ崎橋から琵琶湖側を望む。第1疏水取水口
突き出た水上の建物は、国土交通省が設置している三保ヶ崎水位観測所(量水計)です。



揚水機場(琵琶湖側)新三保ヶ崎橋から
揚水機場(疏水側)大津絵橋から
大津絵橋から東側へ向かうと入口に、「琵琶湖第一疏水揚水機場」のプレートがあります
琵琶湖の水位が低下した際、ポンプを稼働させて疏水の流量を確保するためのものだそうです。




琵琶湖第一疏水揚水機場の前に、琵琶湖第2疏水取水口があります。

第2疏水は飲料水や水力発電を目的として造られました。第2疏水の取水口のある敷地には立ち入りができないため、国道161号(尾花川橋)から眺めるだけ
        琵琶湖第2疏水取水口の扁額   萬物資始(ばんぶつとりてはじむ)



三井寺へ向かう 一直線の琵琶湖疏水をフェンス沿いに歩きます。



旧北国街道に架かる北国橋の東側に、大津閘門前乗下船場があります。
乗船予約がないと入れません。

大津閘門 ・・・ 上流側、北国橋の上から望む。 右の柵を備えた水門は制水門らしい。
大津閘門 ・・・ 下流側 鹿関橋(かせきばし)より

「第1トンネル東口」までは「大津運河」と呼ばれ、コースは約600m
石造りの立派な「鹿関橋(かせきばし)」より

第1疏水第1トンネル東口
第一トンネルは全長約2.4キロメートル。琵琶湖疏水のトンネルの中でも1番長い距離です
「琵琶湖疏水第一トンネル」東口洞門の入り口には、初代内閣総理大臣・伊藤博文による「氣象萬千(きしょうばんせん)」の文字が刻まれています。
千変万化する氣象と風景の変化はすばらしいという意味だそうです。(「京都市水道局の案内板」より)


ここから疏水は、長等山をトンネルで抜けます。




三井寺南別所


1200年の歴史を持つ「長等神社(ながらじんじゃ)」、後の山が長等山と言いこの神社は長等神社です。



石造小関越道標

道標 「右小関越 三条五城いまくま 京道」 に従って右折。






小関峠のピーク付近に、「地蔵堂」があります。





小関越え分岐、左の細い道を下ります。
「地蔵堂」からすぐの所に分岐があります。琵琶湖疏水の案内板が設置されています。



琵琶湖疏水第一竪坑が見えてきました
琵琶湖疏水第一竪坑の案内板。
第1竪坑の深さは45m、地上部の直径は5.5m




「第1竪坑」から坂道を下っていくと、「普門寺」の横に出ます。

国道161号・西大津バイパスをくぐり抜けて、大津市藤尾奥町の住宅街を抜けていきます。


「寂光寺」の旧本堂には、藤尾磨崖仏(大津市指定文化財)があります。

道標がある分岐で横断歩道を渡り、コース唯一のコンビニ「ローソン藤尾小金塚店」を下ります。


第一疏水第1トンネル西口
「山縣有朋」筆の「廓其有容(かくとしてそれいるることあり)」という文字が刻まれています。
「廓其有容」は、「疏水をたたえる大地は、奥深くひろびろとしている」という意味だそうです。
(「京都市水道局の案内板」より)


パンフレット 琵琶湖疏水 - 京都市上下水道局水道部疏水事務所のpdf

コメント

トラックバック